編集長のつぶやき

ガンダーラが聴こえる。

そこ~にゆぅけば~で始まる名曲「ガンダーラ」を初めて聴いたのは、中1の秋のことだった。お美しい夏目雅子さんが三蔵法師になった傑作『西遊記』のエンディングソングだった。第1回からほぼすべて見た僕で、番組自体のスケール感の大

編集長のつぶやき

夏をあきらめて。

朝から物悲しく、荷馬車に揺られて売られていく「ドナドナ」と、サザンの「夏をあきらめて」が交互にジングルしている。そう、今日は僕が1年の中でもっとも嫌いな日だ。8月が終わる。ガキの頃は山と積まれた夏休みの宿題に涙していた。

S40ニュース!

サザンオールスターズ 特別ライブ 2020「Keep Smilin’ ~皆さん、ありがとうございます!!~」8月22日(土)にWOWOWで緊急放送決定!

一昨年、節目のデビュー40周年を迎えてさらにパワーアップ! 精力的な活動を続けているサザンオールスターズが、デビュー42周年記念日に当たる6月25日、横浜アリーナから無観客ライブを配信しました。そして、今回その模様が、8

編集長のつぶやき

安奈でキマリ!!

まもなく発売となる『昭和40年男』の総集編は、甲斐よしひろさんに表紙を飾っていただいた。表紙ってのは当然ながらその1冊の顔になるわけだから、慎重かつ大胆に作り込む。今回は甲斐さんサイドが快く引き受けてくださり、何点か候補

編集長のつぶやき

涙のSUPERFLY。

15歳の時からずーっと歌を続けていて、今も変わらず武道館と紅白歌合戦を夢見ているバカだ。その長い音楽ライフの中で、ここまで活動ができてないのは初めてのことだ。スタジオに入れなければ、30年近く続けている毎週のバーでの流し

音楽

歌謡界にとっての「奇跡の年」! 昭和53年・第29回『NHK紅白歌合戦』と共に当時のヒット曲を振り返る!

国民的歌番組、「NHK紅白歌合戦」(以下、紅白)は、今年令和元年の大晦日の70回目という節目を迎えます。近年ではかつてのような視聴率を獲得できず、人気が低迷していると言われていますが、昭和40年男世代の幼少期~青年期は、

編集長のつぶやき

昭和ソングを考える。

隔月発行を続けている増刊に、多くの意見が寄せられている。どうやらぼちぼち好評のようでホッとしている今日だ。てな訳で『俺たちの胸に刺さった 昭和ソング』について、僕の思いなんか綴らせていただこう。   今回1セク