サザンオールスターズの夏の名曲は?

毎週月曜日はSBC信越放送の番組『ミックスプラス』に電話出演している。ちなみに、水曜日は『昭和50年男』編集長の金丸がしゃべっているので、聴取可能な方はぜひお付き合いくだされ。午後1時から番組が始まって、わりとすぐの登場だ。まずはその日の番組テーマの二択から入る。毎度秀逸な設定で、本気で悩むことが多い。パンvs.白米ときたときはご飯の楽勝と答えたが、パーソナリティの昭和44年男、山崎昭夫さんに “カレーが入ったら” と切り返されて「参りました〜」とオチがついたりした。さてさて、明日はどうなることやら。

 

毎回最新号の記事をネタにして話をさせてもらい、それにちなんだ曲を流してさよならするのだが、今回 (vol.68) の特集はそれが難しい。音楽系やコンテンツものの特集ならば容易だが、今回の巻頭特集は冒険がテーマだから合わせると嘉門タツオさんの「ゆけ! ゆけ! 川口 浩!!」くらいのものである。てな訳で苦肉の策として、記事とリンクする曲がない日は夏の名曲をテーマにお届けしている。ウンウン、夏好きの僕らしいじゃないか。

 

これまでオンエアーしたのは、17歳の夏を彩ってくれたRCサクセションの「サマーツアー」と 一昨年の夏発売号 (vol.56) の表紙を飾ってくれた早見 優さんの「夏色のナンシー」だ。ここのところ2週は、連載特集『夢、あふれていた俺たちの時代』からなので記事合わせでいけたのだが、明日は連載の「追憶のボール」から遠藤一彦投手について話を展開する予定だ。当然ながら曲はなく夏歌にするわけだが、ここでやはりサザンは外せないなとセレクトに挑んだ。「勝手にシンドバッド」はズルすぎるなと外してさてどうする。 あれもこれもと名曲ばかりの絞り込みを続けて、最終的に「ホテルパシフィック」と二択になり、「真夏の果実」とした。フーッ、長旅だったぜ。さて、みなさんならなんですか?

 

そしてこのシリーズは来週までとする。9月に突入だもの。夏好きの僕はお彼岸が終わるまでサマーだぜと位置づけているが、さすがにそれをリスナーのみなさんに強要はできない。では夏も終わりということで、井上陽水さんの名曲「少年時代」と、やはり最終的に二択になった山下達郎さんの「さよなら夏の日」にしようとほぼ決めている。と、聞いてくださっている方々にはちょっびりネタバレですな。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*