プロデュース第8弾は「海を抱きしめて」。

 

本日よりは 発行後のお楽しみ (!?)「大編集後記」(vol.77) をお届けするはずだったが、メンバーの体調不良で途絶えていた 僕プロデュース動画が届いたので、まずはこちらを観ていただこう。
 

 

同世代ならほとんどの方が この曲で涙を流したのではないだろうか。中村雅俊さんが魅力的だった『ゆうひが丘の総理大臣』のエンディングテーマである。実はこの曲をカバーしてもらうのは二度目というで、どんだけこの曲を愛しているんだということになる。

 

時は2013年のこと、ワーナーさんより声がかかった。「桜」のヒットで知られる 河口恭吾さんの企画カバーアルバムに関わってくれとのこと。すったもんだを繰り返しながら出来上がったのが、その名も『昭和40年男たちのメロディー』で、プロデュースは『昭和40年男』が散々お世話になっている 川原伸司さんだった。井上陽水さんの「少年時代」や 松田聖子さんの「瑠璃色の地球」などを手がけた大物である。アイデアを採用してくださり、さらに1曲リクエストしていいとおっしゃってくれた。そこで迷わずこの曲を選んだわけだ。

 

10年の時を経て、僕はプロシンガーに二度目のリクエストをした。彼ら、フォレスタこのつぶやきではお馴染みで僕の弟分のように接している。声楽をきちんと学んだコーラスグループで、このシリーズを発売日の度にリリースしている。ちょっとお休みしていたが、久しぶりのリリースを堂々お届けしたわけだ。過去の曲たちにも、ぜひ触れていただきたい。よろしくっ!!
 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*