S40ニュース!

山下久美子、還暦記念ライブツアー決定! 50代最後に録り下ろしたライブDVDも発売決定!

1980年「バスルームから愛をこめて」でデビュー。「赤道小町ドキッ」などヒットを連発し、その過激なライブパフォーマンスから“総立ちの久美子”の異名で一斉を風靡した山下久美子。そんな彼女が先月の1月26日にめでたく還暦を迎

編集長のつぶやき

杉 真理さんの還暦上等。

去年『昭和洋楽』というありそでなかった言葉を引っ張り出して『昭和40年男』の特集を組み、そのまんまコンピレーションCDをプロデュースした。そのおかげで、去年の秋にエフエム世田谷の午後の番組『アフタヌーンパラダイス』に呼ん

編集長のつぶやき

還暦に立ち向かう〜大編集後記。

発売後に綴っている大編集後記だ。今日も元気に最新号の紹介をさせていただく。新年らしく巻頭にいきなりご挨拶を設けた。読んでいただければそのままに、創刊から10周年を迎えることと、還暦が近づいてきた覚悟と生き方のご提案だ。

編集長のつぶやき

ホンダカブが60周年。

昨日ご紹介した『1980年代展』に続き、もうひとつ俺たち世代にとって興味深いイベントがある。青山一丁目駅を出てすぐのホンダ本社で行われている『スーパーカブと素晴らしき仲間たち』だ。ご存知カブは誕生から60年、還暦を迎えた

編集長のつぶやき

還暦に向けて始動した昭和40年男!!

年に1度、業界関係者を集めた年末のパーティにバンドマンとして参加する。ホーンセクションが充実したこの大所帯のバンドには、お世話になっているライターさんやメーカーの担当者たちも混じっていて、普段とはまったく異なるつきあいと

編集長のつぶやき

50歳を追い込む。見えてきた還暦!?

♪年の初めのためしとて~♪と、つい先日歌った気がするが、明日よりは♪もういくつ寝ると~♪になる(笑)。今年前半戦の今日は最終日である。明日の朝はまた新たな気持ちで後半戦へのスイッチを入れて、ギアを2段ほど上げようじゃない