編集長のつぶやき

藤岡弘、さん再登場〜大編集後記。

  創刊号の表紙を飾った俺たちのヒーローが、10周年記念号の表紙に再登場したのは、実は初めから狙ったわけではなかった。特集の還暦上等については会社にとって大きな存在のブランドにしたいと考えているから、編集部と外

編集長のつぶやき

還暦を迎えた昭和40年男!?

“赤いちゃんちゃんこ”と検索すると出てくる出てくる。「どこで買おうかかな」と一瞬でも考えた自分が情けないほど便利な世の中だ。早速着込んでお祝いじゃ…、のはずねえだろっ。これは7つ先輩のためにサプライズで購入したもので、ど

編集部員のぼやき

新元号「令和」に思う。

こんにちは、「昭和40年男」編集部のまつざきです! 今日は4月1日、巷はエイプリルフールのフェイクニュースであふれているさなかに新元号「令和」が発表されました。「和」という文字が使われているためか、「昭和」生まれの人には

S40ニュース!

山下久美子、還暦記念ライブツアー決定! 50代最後に録り下ろしたライブDVDも発売決定!

1980年「バスルームから愛をこめて」でデビュー。「赤道小町ドキッ」などヒットを連発し、その過激なライブパフォーマンスから“総立ちの久美子”の異名で一斉を風靡した山下久美子。そんな彼女が先月の1月26日にめでたく還暦を迎

編集長のつぶやき

杉 真理さんの還暦上等。

去年『昭和洋楽』というありそでなかった言葉を引っ張り出して『昭和40年男』の特集を組み、そのまんまコンピレーションCDをプロデュースした。そのおかげで、去年の秋にエフエム世田谷の午後の番組『アフタヌーンパラダイス』に呼ん

編集長のつぶやき

還暦に立ち向かう〜大編集後記。

発売後に綴っている大編集後記だ。今日も元気に最新号の紹介をさせていただく。新年らしく巻頭にいきなりご挨拶を設けた。読んでいただければそのままに、創刊から10周年を迎えることと、還暦が近づいてきた覚悟と生き方のご提案だ。

編集長のつぶやき

ホンダカブが60周年。

昨日ご紹介した『1980年代展』に続き、もうひとつ俺たち世代にとって興味深いイベントがある。青山一丁目駅を出てすぐのホンダ本社で行われている『スーパーカブと素晴らしき仲間たち』だ。ご存知カブは誕生から60年、還暦を迎えた