編集長のつぶやき

布川敏和登場〜大編集後記。

10周年記念号と銘打ってリリースした最新号だ。16ページも増量でお届けしているから、ぜひゲットしてちょうだい。力作だぞー!! タメ年男のインタビュー『荒海を生きるタメ年男。』には、布川敏和さんが登場してくれた。ご存知、ふ

編集長のつぶやき

原田真二登場〜大編集後記。

  デビュー曲から立て続けに3曲『ザ・ベストテン』ランクインしたのは鮮烈だった。きっと皆さんも強く記憶しているだろう。今回の記事でも語っているようにアイドルとみられていたが、男子の多くはそうはとらえていなかった

編集長のつぶやき

POPEYEで学んだアメリカ〜大編集後記。

  俺たちがティーンズロードを爆進していた頃は、雑誌のパワーが今とは比べ物にならないほど強力だった。なんせとにかく暴れていたし、新しくなけりゃクズだろっみたいな気概があった。サブカルの情報収拾の主役媒体は常に雑

編集長のつぶやき

ベストヒットUSAの衝撃〜大編集後記。

  伝説の番組のスタートは、高1の春のことだった。洋楽の情報源のメインはラジオで、そのルックスはほとんど雑誌から得ていた。お気に入りのミュージシャンの動いている姿を見られる機会はほとんどなくて、ごく稀にテレビで

編集長のつぶやき

俺たちのアメリカ!!

ここのところ大騒ぎしてきた10周年記念号が、いよいよ明日リリースとなる。『昭和40年男』は、2009年10月29日に生まれ、数々の伝説…、いや笑いを生み出してきた。その数58冊で増刊などを加えても75冊。10年でこの冊数

編集長のつぶやき

今年のイベントが残り14本!!

昨日は立冬で、暦の上ではなんてテレビからのコメントや挨拶に「早っ!!」てな気分で少々驚きがあったかもしれない。僕は昨日、普段よりずいぶんと早い時間の出社で、凛とした空気に触れて「確かにっ!!」なんてうなづいたりしていた。

編集長のつぶやき

太陽の塔に今さら感動する昭和40年男!!

少し以前のこと、生まれて初めてこいつを見てきた。厳密に言えば、仕事移動のクルマから見えたことはあったが、記念公園にて間近でみたのは初めてだった。想像以上にでかくて、感動のサイズも想像をはるかに超えていた。すぐれた芸術って

編集長のつぶやき

鈴木英人さんのイラストで勝負!!

10周年記念号の2発目となるvol.58の表紙はこれじやー。   前号の表紙と並べてもらえれば、この10周年記念上下巻における僕の企てをご理解いたただけるだろう。真逆の味付けになるように、10周年記念コンビを作