編集長のつぶやき

次号の表紙はこれじゃーっ!!

本日友引。今年最後の頼もしくもカワイイ弟の表紙はこれじゃーっ!!     今回の号 (vol.020) もすっごくよくできていて、思わず 編集長を呼び出して誉めた。そして何より、らーめん俺たち世代にも

編集長のつぶやき

紅白歌合戦。

今年の出場者をめぐっては、おっさん外しが話題になっている。韓国勢とジャニーズの大規模投入で、今年は観ないと宣言する同世代は多く、僕も今年はチャンネルロックをやめようかと思っていたが…。   中森明菜さんと松田聖

編集長のつぶやき

師も走るほどに忙しい。

師走の語源は諸説あるそうだが、師匠の僧がお経をあげるために、あちこちへと馳せ参じる月とする「師馳す (しはす) 」との解説が散見される。うん、これでいい。今日は全国津々浦々で「師走ですなあ、早いですなあ」なんて言葉が交わ

昭和45年女・1970年女

本日、発売じゃーっ!!

かわいい、カワイイ、可愛い妹の『昭和45年女・1970年女』(vol.10) が、本日大安に書店に並んだ。記念すべき10号目である。   今も記憶に強く残っている、創刊号が人生で初の重版となった。説明しよう。重

編集長のつぶやき

CoCo壱よ、お前もか!!

会社から至近の吉野家の注文がタブレットになった。自販機を採用しない接客を貫いていたのは、魚市場で誕生した粋だと解釈していたから大いなるショックだ。最近では大手の飲食店の多くが採用していて、出くわす度に「やれやれ」とボヤき

編集長のつぶやき

24枚のハガキ。

  河口 仁先生と知り合ったのは、2015年のことだった。『俺たちの心を震わせたマンガたち。』(vol.33) という特集を組み、ブッチャーをモチーフにしたプロレスマンガ『愛しのボッチャー』を描いた先生のインタ

編集長のつぶやき

次号の表紙はこれじゃーっ!!

本日友引。たくさんの友を引っ張ってこいとの願いを込めて、かわいい妹の表紙を発表する。今年最後となる『昭和45年女・1970年女』(vol.10) の表紙はこれじゃーっ!!     うんうん、これはいい

編集長のつぶやき

ファイナルアンサー?

2週間続いた 大編集後記を 昨日で終えて、今日よりは昭和40年男の四方山話に戻させていただく。だが今日は、四方山話の再開というよりはPRだ。   11月ももうあとわずか。去年、一昨年よりは手帳に書き込まれた “

タメ年たちの大活躍!

鎧塚俊彦さんのど根性 〜大編集後記。

  いつまで続くのだろうと、僕のつぶやきファンの方々は呆れているだろう。が、まだまだ伝えなければならない。いい記事が満載だからなのさ。タメ年男のインタビュー記事の「荒海に生きるタメ年男。」は、タイトルこそ変化しているが