編集長のつぶやき

タメ年男のモノ感覚 〜大編集後記。

  日曜の夜ですな。いきなり脱線だが、今年の大河は賛否両論が巻き起こることだろう。三谷幸喜さんの脚本は、彼にとって大河初となった『新選組!』と、2016年の『真田丸』に続いて3作目で、先週より始まった『鎌倉殿の

編集長のつぶやき

テクニクスへの憧れ 〜大編集後記。

  発売後は外出先で本屋を見つけては、最新号の置き場をチェックする。余裕があると店員さんに声をかけて、状況を聞いたりするのも楽しい時間だ。というのも、おおむね褒めてくださるからだ、えっへん。そして昨日は同世代と

編集長のつぶやき

怒涛の27アイテム 〜大編集後記。

さあ、今日よりはしばらく最新号 (vol.71) のご紹介となる、大編集後記でつぶやかせていただく。特集のスタートは「俺たちが憧れた 永遠の傑作品」とタイトルしたご覧のページが14ページ続く。ご覧のように各見開きページで

編集長のつぶやき

最新号の表紙の正体!!

さあ、いよいよ今年最初の勝負 (vol.71) が始まった。たくさんの友を引っ張ってくる、縁起のいい発売日で友引である。寅年だから「がおーっ」と吠えたいところだが、なんともかっこよくないへびの僕は辰年とか亥年とともに憧れ

編集長のつぶやき

お正月の大事業!!

もうずいぶん昔の話に思えてくるが、ご報告させていただく。大晦日の僕はすごい。必殺仕事人から炎の料理人に変身して、大量のミートソースを煮込むのだ。ご覧のひき肉は3㎏で、トマトホール缶を20缶に特大玉ねぎを15個とセロリが2

編集長のつぶやき

藤岡 弘、さんからのど迫力説教!!

去年の暮れから、電車内や駅でこのポスターをよく見かける。ご覧のとおり、酔って電車で暴れるやつを仮面ライダーが…、もとい藤岡さんが戒めているのである。それにしてもプロとは言えここまでの表情を見せられるのは、作っているだけで

編集長のつぶやき

次号の表紙はこれじゃー!!

察しのいい方は、昨日から期待で胸がいっぱいだったことだろう (ホントか!?) 。本日大安。しかも末広がりの8日じゃ。双方が発売直前に重なったのは、どうやら今年はいい年になりそうだぜ。てなわけで、令和4年1発目 (vol.

編集長のつぶやき

表紙で振り返る令和3年 ~その八。

去年末より続けてきたこのシリーズも今日でおしまいDEATH (なんか中途半端に古っ) 。今日で松も取れるしね。とは言え “節分までがお正月” がモットーの僕だから「あけましておめでとう」の乾杯は終わらないのである。って、