表紙で振り返る令和4年。

あけましておめでとうございます。「よいお年を」からバトンを受け取ってこの言葉に鮮やかに変わった。なんとも言えない幸せの中で、めいっぱい祝っている。皆さんに幸多かれ。

 

去年中に今日のタイトルシリーズは終了だと思ったあなた、ダメダメですな。そう、『昭和40年男』は ファミリーなのだ。今日は現在発売中の『昭和50年男』の最新号 (vol.020) の表紙をご紹介する。「この表紙さあ、ぶっちゃけ俺たち世代向けじゃん」と編集長に言ったほど、今回の内容はドンピシャだ。去年4月に亡くなった藤子不二雄Ⓐ先生の追悼本として、金丸編集長が懸命にタクトを振った意欲作だ。

 

本名、安孫子さんを語る仲間たちの証言が実にいい。とても立派な酒呑みだったようだ。ご登場いただいた皆さんが、その豪快ぶりと愉快な人柄を語る。ベテランマンガ家が集った、“いい爺” をかけて名付けた “イージー会” というゴルフ親睦会があるそうだ。この会で呑みに行くことを楽しんでいた面々で、その一人のちばてつやさんは「みんな、安孫子さんの話を聞きたくて集まっていたんだから。本当にみんなのアイドルじいさんでした」とインタビューを締め括っている。読み込むほどに目指すべき呑んべえなのだ。酒好きの方はぜひこの一冊を手に取っていただきたい。

 

特集外でも、俺たち世代にハマるページが多くある。その一つが「世界にはばたいたアニキ」で、まるで『昭和40年男』の連載企画「ガツンと一言。兄貴の説教」に対抗しているかのようだ。今回登場しているのが、元サッカー日本代表の柱谷哲二さんで、三浦選手が代表から外された瞬間を振り返っている。でもね最新号だからここでは言いませぬ。どうぞ、書店にゴーっ!!
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*