表紙で振り返る令和4年。

おいおい、まだやるのか このシリーズをとお嘆きのあなた。まあまあ、お付き合いくださいよ。だってね、は振り返ったのに 総集編を取り上げないのは、苦労している担当編集の 松崎が悲しむじゃないか。

 

偶数月は11日に弟の『昭和50年男』が出ると、間髪入れずに『昭和40年男』の 増刊号が出る。ほとんどが定めたテーマのもとに、過去記事を集めて加筆やデザイン変更を施して仕上げている。手前味噌ながら、これがいつも完成度が高くていい一冊になる。以前にもつぶやいたことがあるが、は昔、マンガ雑誌の好きなのを切り取って単行本を作っていた。この変態的な趣味が、総集編に遺憾なく発揮されているのだ。

 

夏直前の6月に、ソフィー・マルソーがばっちりの表紙で打ち込んだ一冊は傑作になった。タイトルがいいじゃないか。ちょいとそれるが、永瀬正敏さんの「愛だろ、愛っ。」を超えたいと何度もつぶやきながらタイトルを考えた。『宣伝会議』さんのサイトによると、1993年の作品とのことだ。「いいコピーだなあ」と、何度も何度も考えたのだが、ついに超えられなかった。とは言え、一冊を言い当てているという意味ではよしとしよう。と、コピーライターという職業に憧れたことがあるゆえに、追い込むのである。

 

それぞれの記事が強いから成立する。これは編集者やライターさんの苦労の賜物であり、汗の結晶なのだ。ずらりと並んだ “愛” にまつわる記事の数々に、昨今との差異をどうしても見出してしまう。冒頭のメッセージでもそれを述べた。そして強い持論を展開している。戦争経験をした大人たちが、子供世代の幸せを心から願った。その愛にあふれていた時代だから、熱のこもった愛を多く見ることができたのである。

 

変化球は、第三章とした「恋のバカンスは夏」と、第四章の「強く深い母の情」だ。こんな構成が過去記事でできるのだから、繰り返すが本当にすごい。あれ、まだ売り切れてないじゃん。買いじゃん。皆さまの令和5年が、これ一冊で愛あふれる一年になること間違いなしだ。ぜひっ!
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*