『昭和40年男』vol.64特集「日本ロック元年」プレイリストを音楽ストリーミングサービス「AWA」で公開。試聴OK、誌面と一緒にゼヒ!!

今回は『昭和40年男』関連して?のお知らせです。
 
以前も本誌と連動する形で「音楽版『昭和40年男』」という企画を展開していたりもしたんですが、この度、音楽ストリーミングサービスの「AWA」さんからお声がけいただき、同サービス内に「昭和40/50年男」公式アカウントを開設いたしました。
 
そしてちょうど、『昭和40年男』本誌最新号vol.64では「日本ロック元年」という巻頭特集を展開しており… ならば早速! ということで、特集の中で紹介したアーティストや楽曲をピックアップしたプレイリストを作成し、公開したんであります。

当時 “ロック御三家” と呼ばれ人気を博した Charさん、世良公則さん、原田真二さんをはじめ、誌面でインタビューに応じていただいた昭和ロックスターにとって永遠のロックスターな皆さんをはじめ、各パートで紹介した当時のロックシーンを彩った楽曲の数々を、全24曲のプレイリストにまとめてみました。
 

“「日本ロック元年」from『昭和40年男』vol.64”
by 昭和40/50年男 on AWA
https://mf.awa.fm/3nK3g1D

 
1. Char「闘牛士」
(’78)
特集 part1「1978 胎動の年」のトップバッターとして登場 (P.014~) の
Charさんに、このプレイリストでもトップを飾ってもらいました。
“日本ロック元年” の ’78年にリリースされた、阿久 悠作詞のシングル曲。

2. 原田真二「タイム・トラベル」(’78)
今回の表紙を飾ってくれた原田真二さんは
やはり特集 part1「1978 胎動の年」にご登場 (P.024~)。
松本 隆のSF的な詞もステキな4thシングル。

3. 甲斐バンド「HERO (ヒーローになる時、それは今)」
(’78)
特集 part2「1979 動乱の年」のトップは甲斐バンド (P.014~) 。
1曲挙げるならばやはりこの曲でしょう。’78年12月リリース、
’79年1月1日 深夜0時のセイコーのCMで流され大ヒット、
3月15日放送の『ザ・ベストテン』出演時の視聴率は33.5%!だとか。

4. クールス・ロカビリー・クラブ「QUTY SUE」(‘77)
part4「エトセトラ」の「仁儀亡き不良ロックの衝撃!」に登場の
クールス (P.066)。誌面にもジャケット掲載の ‘77年発シングル。

5. 矢沢永吉「黒く塗りつぶせ」
(‘77)
やはりpart4の「仁儀亡き不良ロックの衝撃!」でトップを飾った (P.064)
永ちゃんのソロ4thシングル。誌面掲載は資生堂のCMソングとなった
’78年の「時間よ止まれ」なんですが、あえてよりロックっぽいこちらで。

6. ダウン・タウン・ブギウギ・バンド「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」(’75)
part3「百花繚乱 時代を作ったロッカー」のトップは “DTBWB” (P.048~) 。
コミカルで楽しい「スモーキン・ブギ」(’74) とちと悩みましたが…
やっぱり、みんな真似した「アンタ あの娘のなんなのさ」でコチラ!

7. 桑名正博「セクシャルバイオレット No.1」(’79)
part3「百花繚乱 時代を作ったロッカー」で紹介 (P.050~)。
オリコン3週連続1位、『ザ・ベストテン』でも1位獲得の大ヒット曲。
誌面では息子の美勇士さんが取材に応じてくれてます。

8. サザンオールスターズ「勝手にシンドバッド」(‘78)
サザンも、part3「百花繚乱~」で紹介 (P.054~)。
このデビュー曲で『ザ・ベストテン』に初登場時した際の衝撃は語り草で、
昭和40年男世代にとっては、もはや “あるある” 的なネタ。

9. 浜田省吾「風を感じて」(‘79)
part2と3の間の「閑話休題」パート、ライター陣&編集部員の極私的体験を
まとめた「私だけが知っている!? 昭和ロック名シーン」より (P.047)。
西海岸ロックを感じさせる浜省の7thシングル。この曲をひっさげて
『夜のヒットスタジオ』などに出演するも、以後はテレビを避けるように?
 
10. スペクトラム「イン・ザ・スペース (In The Space)」(’79)
part4「エトセトラ」の「ロックが流れてきた365days」より (P.072)。
テクニクスのコンポ「ザ・スペース」のCMに使用された、文字どおり
スペーシーな曲。『スター・ウォーズ』シリーズ大ヒットの時代にマッチ。
 
11. ゴダイゴ「モンキー・マジック」(’78)
ゴダイゴは特集 part2「1979 動乱の年」(P.040~) で紹介。
ミッキー吉野さんにご登場いただいてます。
「ガンダーラ」ももちろんイイけど、ここはもうひと盛り上がり、
ということで、言わずと知れた『西遊記』のOPテーマを。
脳髄にビンビンくる、まさにマジカルなイントロがもうタマランですね~。
この他にも、劇場版主題歌の「銀河鉄道999」や
NHKみんなのうたの「ビューティフル・ネーム 」などなど…
ホント、’79年はゴダイゴの年と言っていいほど、巷を席巻しておりました。
 
12. ジューシィ・フルーツ「ジェニーはご機嫌ななめ」(‘80)
part3「百花繚乱~」の「ロックの裾野を広げたバンド」で紹介 (P.057)。
YMOブームも背景にお茶の間でもヒットした、近田春夫&BEEFを前身に
イリア (奥野敦子) がボーカルを務めたテクノポップ・バンドのナンバー。
後のガールポップにも通じるキュートなロックスタイルを確立。 

 
…と、あまりロックっぽくないところで中締めになってしまうんですが(笑)
一気にいくとまだまだ相当長くなってしまいそうなので、本日は前半12曲のココまで!

’78年の “胎動”、79年の “動乱” を経て、’80年代に突入すると、
いわゆる “男くさい” “不良” イメージのロックだけでなく
ニューウェイブ的なバンドも受け入れられ、
より多彩な、文字どおり “百花繚乱” なお茶の間ロックシーンが成立していくのですね~。
 
といったワケで、後半12曲分のコメントはまた追ってお届けします!
(※11/23 追記 →コチラへどうぞ! https://www.s40otoko.com/archives/80777)

読んでから聴くか、聴いてから読むか? という感じで、
本誌特集と一緒に、こちらのAWAプレイリスト「日本ロック元年」も、
ゼヒお楽しみください!
 


 
■SNSも展開中! フォローよろしくお願いします!
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*