編集長のつぶやき

元気な『昭和40年男』が復活!!

へっ? なんで今さら創刊号を持ち出した? まあまあ、最後までお付き合いくだされ。   まるでこのところ元気がなかったかのようなタイトルだが、コロナのバッキャロー下でも誌面は元気モリモリだったし、この間にかわいい

編集長のつぶやき

俺たちのヒーローを考える。

  今では数百万円で取り引きされている(ウソ) 創刊号の特集は、ご覧の通り「ヒーローから学ぶ、あと一歩の底力。」とした。創刊号ってのは、ミュージシャンにとってのファーストアルバムと一緒で、そいつの姿勢がもっとも

編集長のつぶやき

10周年記念号が堂々完成 (ほぼ) 。

  6枚綴りのカレンダーがいよいよアンカーとなった。平成から令和へと改元した今年もいよいよラストスパートだ。ピシッとふんどしを締めて、今年がいい1年だったと言えるようにお互いに奮闘しましょう。   さ

編集長のつぶやき

藤岡弘、さん再び!!

発売直前の本日大安となれば、そろそろ見せなければなるまい。 札幌のオンボロホテル(お似合いだぜ)から、日本中が騒ぎになる表紙を発表させていただく。 満を持して10周年記念号として送り込む最新号の表紙は、これじゃー!!!!

編集長のつぶやき

10周年へと向かって。

現在作っている『昭和40年男』は7月11日発売で、作業はまさに佳境を迎えている。7月発売らしいスペシャルな企画を組み、現段階ではなかなかおもしろい1冊になりそうだとワクワクしている。そしてそこからは、10周年マンスリーに

編集長のつぶやき

次号は50回目の勝負じゃ!!

先週末にリリースした最新号は49号で、次号はぬぁんと創刊から50回目の発行に到達する。おーっ、パチパチ。これを記念して現在サイトを作りこんでいるところだ。記念号発行の前になんとかリリースしたいと現場は努力を重ねているとこ

編集長のつぶやき

今日はめでたい4歳の誕生日である。

誰の誕生日だって? 『昭和40年男』のですよ。2009年10月29日に、かわいい第1号が書店に並んだ。現在に至るまでの時間の流れや紆余曲折によって、この頃よりクオリティは上がっていると思う。これからも1冊1冊、常にレベル

No Picture
創刊へのカウントダウン

第97話 “大”編集後記。(6)

予算が湯水のようにあればそれにこしたことはないのも同様だが、 小さな出版社にとって、そんなことは夢のまた夢だ、 となると、できる限り工夫でやりくりするようになる。 広告する予算がないのだったら、書店の棚が勝負になる。 そ

No Picture
創刊へのカウントダウン

第96話 “大”編集後記。(5)

  『昭和40年男』に話を戻そう。 今回、この本を『北村マガジン』といった外部スタッフがいた。 んなこたぁないよ、みんなの力でつくりあげたのだからって、 以前ここでも書いたとおり。 だけど、自分の信じた本にしたことは確か

No Picture
創刊へのカウントダウン

第95話 “大”編集後記。(4)

歌もまったく同じで、 人様から「よかった」と褒めてもらえるとものすごくうれしい。 ただ、“売れる”というベクトルにだけ自分をゆだねてはいない。 歌も雑誌も生き物なので、 それだけになると勢いのある仕上がりにはならない(は