No Picture
創刊へのカウントダウン

第97話 “大”編集後記。(6)

予算が湯水のようにあればそれにこしたことはないのも同様だが、 小さな出版社にとって、そんなことは夢のまた夢だ、 となると、できる限り工夫でやりくりするようになる。 広告する予算がないのだったら、書店の棚が勝負になる。 そ

No Picture
創刊へのカウントダウン

第96話 “大”編集後記。(5)

  『昭和40年男』に話を戻そう。 今回、この本を『北村マガジン』といった外部スタッフがいた。 んなこたぁないよ、みんなの力でつくりあげたのだからって、 以前ここでも書いたとおり。 だけど、自分の信じた本にしたことは確か

No Picture
創刊へのカウントダウン

第95話 “大”編集後記。(4)

歌もまったく同じで、 人様から「よかった」と褒めてもらえるとものすごくうれしい。 ただ、“売れる”というベクトルにだけ自分をゆだねてはいない。 歌も雑誌も生き物なので、 それだけになると勢いのある仕上がりにはならない(は

No Picture
創刊へのカウントダウン

第94話 “大”編集後記。(3)

「いろんなことをやっているんですね」 と、言われることがある。 いつもヤレヤレと心の中で思う。 「んなこたぁねえんだよーっ!!」 と、心の中で叫んでから 「いやぁ、そんなことないですよ」 とヘラヘラ笑って話をそらす。 本

No Picture
創刊へのカウントダウン

第93話 “大”編集後記。(2)

というわけで長い長〜い編集後記である。 トートツだが、幸せである。 文章を書く。 雑誌をつくる。 歌をつくる。 バイクがたくさん売れるようにプランをつくる。 デザインの相談を受ける。 年に1回だけなんちゃってランナーに変

No Picture
創刊へのカウントダウン

第92話 “大”編集後記。(1)

創刊から2ヶ月が過ぎようとしている現在まで、 よくこのコーナー(創刊へのカウントダウン)を引っ張ってきたなと 自分でも感心するが、とにかくうまい酒を呑んだ。 ものすごくいいライヴをやったとき (あっ、俺、本業ミュージシャ