編集長のつぶやき

男子厨房に入らず ~大編集後記。

  最新号 (vol.70) のご紹介をさせていただく大編集後記も、ひとまずは千秋楽としよう。千秋楽といえば今週の日曜日が令和3年のお相撲の千秋楽ですな。僕のご贔屓の遠藤は微妙な星でなんとか勝ち越してほしいと願い、妙義龍

S40ニュース!

しょうが焼きにはニンニク、ナポリタントマトソースにはみりん…? フライング公開!の料理動画のハナシ。明日発売vol.68で新連載開始 !!

麻布のシェフ直伝…! 昭和の料理に “3つのコツ” でさらに美味しく! な新連載がスタート。 Web担当 兼 本誌新連載「お料理寅さん」担当のMです。   東京・麻布のおしゃれスポットに、人情たっぷりのシェフがいる。 姓

編集長のつぶやき

南部坂雪の別れ。

忠臣蔵が初めて演じられたのが、1748年とされるからもう300年近く愛されてきたことになる。忠義を核にしたドラマは、これからのわが国でも愛され続けるのだろうかと余計なことを考えてしまうほど、昨今の日本人の心は様変わりして

編集長のつぶやき

おっさんよ、大志を抱き趣味を持て!!

サザエさんを見終わって、月曜日に向かってちょっとブルーな諸氏に前向きなつぶやきをさせていただこう。『昭和40年男』で、久しぶりの新連載がスタートするぞー。読者の集い「秘密基地」の舞台にもなっている東京麻布のオッサレーなレ

編集長のつぶやき

悲しく悔しいこどもの日。

浜松町が誇るスーパーアイドルのしょんべん小僧の現在は、こんな姿である。毎度季節にちなんだ衣装替えで浜松町っ子たちを楽しませてくれる小僧で、僕のように写真に収める者は多い。カブトをかぶってかわいいのは、当然ながら端午の節句

編集長のつぶやき

魚雷戦ゲーム大会が残念ながら延期。

  一昨年の5月5日に、魚雷戦ゲーム世界選手権を初開催した。厳格なるルールのもとで試合は進み、初代チャンピオンとなったのは岡山からの参加者であった。厳格としたルールなのだが、参加人数が多いため1回戦は2球しか投

編集長のつぶやき

悩ましき映像の世界。

  「誰もが自分の意見を言うことができる世の中を創造する」を理念に掲げる、社団法人ボイスコミュニケーション協会 の理事長の木村さんからオファーがあった。ともかくしゃべればいいとのことと、活動が目指しているベクト

編集長のつぶやき

春よ来い!!

東京はいよいよ春めいてきた。我が団地の入り口は菜の花と雪柳が華麗なる共演で、今朝はしばし足を止めてしまった。桜まであとわずかに迫った明日は発売日でありながら、東日本大震災から10年の節目を迎える日だ。明日発売の最新号(v

編集長のつぶやき

悩んでも仕方ないから悩まない。

「東京麻布秘密基地」の舞台となっている麻布のオッサレーなレストラン「セレニータ」のオーナーシェフで、一コ上の平野さんよりステキなプレゼントをいただいた。ちなみに 本誌最新号(vol.62) では、巻頭特集の「マンガに出て