24枚のハガキ。

 

河口 仁先生と知り合ったのは、2015年のことだった。『俺たちの心を震わせたマンガたち。』(vol.33) という特集を組み、ブッチャーをモチーフにしたプロレスマンガ『愛しのボッチャー』を描いた先生のインタビュー記事を掲載したのだ。驚いたことに連載企画の「お料理寅さん」がオーナーシェフ のレストラン「セレニータ」の常連さんだったのである。なんとも不思議な縁を感じるじゃないか。当然ながら「東京麻布秘密基地」に来てくださり、盛り上げてくれた。「浅草秘密基地」にも顔を見せてくれるようになり、ずいぶん親しくなれた。発売後や秘密基地の後に、ご覧の絵手紙を送ってくださる。その数24枚である。2016年から始まって、最後は去年の春だった。「セレニータ」の シェフからも連絡が取れないと聞いて心配していたところに、訃報が届いてしまった。先週の浅草では献杯した俺たちだ。

 

いつも感謝の言葉ばかりを口にしていた。そしていつもにこやかだった。ハガキには『昭和40年男』の特集への賛辞や、秘密基地が楽しかったことへの感謝の言葉が躍る。のことを日本一のガキ大将と呼んでくれ、恐縮ながら写真のように藤岡弘、さんと並べてくれたりもした。

 

ハガキが途切れている期間は約1年半だ。ネットで見られる情報から分かるのは、17日に密葬で通夜が営まれることくらいだから何とも分からないが、もしもこの間、闘病に苦しんでいたのではと思うとつらい。

 

このハガキを見返しながら、あのやさしい笑顔が思い起こされた。そしてこれだけは確信する。どんなにつらい闘病だったとしても、先生は感謝の心を失わなかったはずだ。

 

2015年のインタビューでは、「好きなマンガを描いて、プロレスを見続けることができて幸せです」と語っていた。「子供の頃からマンガばかり描いていて、大人になってもマンガ以外の仕事をできる気がしなかった」とも。とても純粋な方だった。まだ73歳とのことだから、早すぎる死だ。が、やはり信じられず、秘密基地にふらりと現れる気がしてならない。でももう空に旅立ったのですよね、仁先生。15歳も年上ながら僕らの輪に入ってきてくださり、ありがとうございました。教えていただいた感謝の心を受け継ぎたいと思います。プロレス三昧で、ゆっくりとおやすみください。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*