本日発売じゃー!!

ハードでヘヴィな特集の vol.70 が、いよいよ今日より書店に並ぶ。おーっ、パチパチ。天国で今も弾きまくっているエディに届けこの愛である。この特集でいくとなった瞬間に、表紙はエディしかないと決めた。10月が一周忌だったから、追悼のタイミングにもピッタリだ。スタッフが集めてくれた写真でいくつもの表紙を作り、タイトルを練り上げてこうなったのだ。その昔、たちの頭をぶっ叩いたアルバム『炎の導火線』は、俺たちの魂に火をつけた。と、その思いと感謝を込めて特集タイトルもバッチリである (ぎゃーっ自画自賛) 。今日よりはしばらく、最新号のPRをつぶやかせていただく。

 

ギター革命者である。その意味で2大巨頭はジミ・ヘンドリックスと並び、エディだと常々持論を展開している。2人にはやや及ばないが、もう1人にジミー・ペイジを加えて世界3大革命ギタリストとしている。ギター小僧だった僕は懸命に練習したが、難しくて断念ばかりのヴァン・ヘイレンだった。まっ、努力不足だったなと今更ダメ出ししている。

 

毎週月曜日に電話出演させていただいているSBC信越放送の昼のラジオ番組『ミックスプラス』では、この表紙の話題にして曲は『炎の導火線』に収録された「ユー・リアリー・ガット・ミー」をオンエアした。この曲の出だしのエディのギターったら鋼鉄だよ。何度聴いても脳天にガツンと響き、興奮させてくれる。ハードロック/ヘヴィメタルに興味がなかったという同世代諸氏も多いと思うが、このアルバムはきっとしびれると思われる。ただし、男子のアルバムかなあなんて思っていたりもする。するってえと、今回の特集もどちらかといえば男向きか? 『昭和40年男』は女性読者が意外に多く、だから『昭和45年女・1970年女』もありだなと打ち込めたくらいだ。が、今回は女性読者が減っちまうかなあ。いやいや、かつてレイジーに熱を上げたそこのお嬢さん、スージーこと高崎 晃さんのインタビューが4ページあるから買いだよっ。

 

そんなめでたい発売日なのだが、ちょっと不機嫌なだ。ネット社会は恩恵が盛り沢山ながら、今日のようなことは解せぬ。書店・コンビニに山ほど積まれているってのに、なんでネットの中ではプレミア価格で表示されているんだろう。絶対に手を出してはならぬ。書店・コンビニで買っていただきたい。手に入れたら週末はハードでヘヴィに過ごしてくれっ。あっ、でもね。今週日曜日は東京サマーランドで僕がMCとしてアジテーション (!?) をぶちかます「カワサキコーヒーブレイクミーティング」を開催する。かつて乗っていたバイクキッズたちや、僕をからかいたい方々の参加もOK!!  有料ながら四輪駐車場もあるから、お気軽にお越しください。『昭和40年男』読者の方は名乗ってくれたらハグします。いや、まだコロナだからこのサービスはもう少し時を経ねばならないなあ。残念ながらぜひっ!!
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*