『攻殻機動隊 SAC_2045』より “少佐” こと「草薙素子」が多脚思考戦車「タチコマ」と共に1/4スケール 全高50cmの大型スタチュー化 !

おはこんばんちはです。昭和50年男向け「S50ニュース!」をお送りします。

おかげさまで、まだまだ好評発売中『昭和50年男』vol.013「オレたちのリアルなSF」特集号の表紙を飾ってくれた『攻殻機動隊』の “少佐” こと草薙素子

表紙の方は1995年に公開された押井 守監督の劇場版『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』のビジュアルでしたが、特集本編に登場してくれた『~STAND ALONE COMPLEX』シリーズの神山健治氏 (昭和40年男!) と、『APPLE SEED』を手がけた荒牧伸志氏のW監督で、アニメ版最新作としてNetflixで世界配信されたのが『攻殻機動隊 SAC_2045』です。

2021年 11月12日 (金) からは、劇場版として新生した『攻殻機動隊 SAC_2045 持続可能戦争』が全国20館、2週間限定という形で公開となります。
 キャラクターデザインはロシア出身のイラストレーター、イリヤ・クブシノブ氏が担当。同作バージョンの少佐が女性誌『anan』の表紙を飾ったことでも話題となりました。

そんな『攻殻機動隊 SAC_2045』の草薙素子が、お馴染みの多脚思考戦車「タチコマ」と共に立体化。緻密かつ躍動感あふれる造形で定評のあるプライム1スタジオから、1/4スケールの大型スタチューとしてリリースされます。
 
 
「アルティメットプレミアムマスターライン 草薙素子&タチコマ ボーナス版」
と銘打たれたこちらのスタチューは、ポリストーン製で実に重量16.6kg! お値段は19万3,490円 (税込)! という、それだけ聞いてもとんでもない大迫力を感じてしまう (?) 逸品となっております。
 
少佐は、ジャケットとインナースーツの素材感や、“電脳化” を象徴する、うなじの有線接続用ジャックまで再現。タチコマの方も、独特のフォルムや戦術兵器としての重厚感、それでいて愛らしいマニュピレータの仕草まで見事に再現されています。
 

また、ディスプレイの幅を広げる両者の差し替えパーツもセット。特に今回の「ボーナス版」には、簡易ダイブギアを装着した少佐の頭部が付属します。
 
特製ベースも、電脳世界のエフェクトが飛び交う市街戦をイメージしたものだそうで、非常に凝った作り。側面にあしらわれた公安9課のマークと「SAC_2045」も、たまらないポイントでしょう。
 
現在予約受付中で、2023年 2月~5月頃の発売予定とのこと。“攻殻” の世界に心酔するファンならば、電脳ダイブならぬ清水の舞台からダイブするつもりで予約をキメて…みる?
 
 
(「昭和トリオ」 “Web担当A” )
 
 
[以下、プライム1スタジオ  ニュースリリース より]

スタチューメーカー株式会社プライム1スタジオ(東京都台東区浅草6丁目36-2)は「攻殻機動隊 SAC_2045」より「アルティメットプレミアムマスターライン 草薙素子&タチコマ ボーナス版」の予約受付を開始しました。商品の発売は 2023年 2月~5月 を予定しています。
 
詳しい商品情報はこちら ⇒ https://statue.prime1studio.co.jp/gits-motoko-kusanagi-and-tachikoma-upmgits-01s.html
 
戦略・戦術ともに優れた、完全義体のサイボーグ・草薙素子。高度なAIで自立行動する、多脚思考戦車・タチコマ。全世界に配信されたフル3DCG作品『攻殻機動隊 SAC_2045』より、公安9課のふたりがプライム1スタジオ初登場です! 本スタチューは、イリヤ・クブシノブ氏によるSAC_2045のメインビジュアルをモチーフにしたもの。2Dと3Dが高いレベルで融合したイラストレーションを、プライム1スタジオの技術・感性により立体化しました。機微を映す表情と髪型、素材感を感じられるジャケットとインナースーツ、電脳化を象徴するうなじの有線接続用ジャック。“少佐” と呼ばれ、9課のメンバーに慕われる素子のすべてが表現されています。

 
一方のタチコマも献身的なサポート役として、コメディリリーフとしてSACシリーズに欠かせないメンバーのひとり。今回の立体化でも戦術兵器としての重厚な塗装とサイボーグ用に小型化されたフォルム、そしてマニュピレータの可愛い仕草を忠実に再現しました。バディとも親子ともいえる、少佐との組み合わせをお楽しみください。

 
またディスプレイの幅を広げる両者の差し替えパーツも付属。素子には自動式拳銃を握った左腕パーツ、タチコマにはチェーンガンを構えたマニュピレータを用意しています。さらに本ボーナス版には、素子の簡易ダイブギアを装着した頭部も。任務遂行中の緊張感を演出することが可能です。

 
特製ベースは電脳世界のエフェクトが飛び交う市街戦をイメージ。側面にあしらわれた9課のマークとSAC_2045も気分を盛り上げます。
 
究極の造形と塗装を得た課員2名、ぜひあなたのそばへダイブさせてください!
 

■商品概要

商品名   : アルティメットプレミアムマスターライン
        攻殻機動隊SAC_2045 草薙素子&タチコマ ボーナス版
商品価格  : ¥193,490(税込)
発売時期  : 2023年 2月 ~ 2023年 5月 頃を予定
シリーズ名 : アルティメットプレミアムマスターライン
サイズ/重量: 全高:50cm  全幅:47cm  奥行:53cm(1/4スケール) 重量:16.6kg
素材    : ポリストーン(一部に別素材使用)
製品ページ   : https://statue.prime1studio.co.jp/gits-motoko-kusanagi-and-tachikoma-upmgits-01s.html
 

©士郎正宗・Production I.G / 講談社・攻殻機動隊2045 製作委員会
 

 
■「昭和トリオ」SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko
 
『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna

 
 
※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*