編集長のつぶやき

残念無念の昭和40年男。

このタイトルでこの写真はなんだ? まあまあ、お付き合いくださいな。先週どうしても顔を合わせなければならない仕事があり、西へと出張に出かけた。写真は、いつも泊まっている西明石のホテルの朝食会場である。ここの朝食は具沢山の味

編集長のつぶやき

杉 真理さんと過ごす時間!!

第三木曜日、つまり今日はFM世田谷のスタジオに行き、生でくっちゃべる。さらに毎週火曜日は会社の電話で、SBC信越放送の生番組でくっちゃべる。公共の電波に乗っかってミスがないように気遣いながら言葉にするのは、イベントでのト

編集長のつぶやき

海を抱きしめて。

もうなんだかんだで7年も前のことだ。そもそもはその前年に発売したこの表紙のビジュアルがきっかけだった。おつきあいのあったワーナーの方から連絡が入り、一緒にCDを作りたいとのことだった。早速打ち合わせにでかけると『桜』のヒ

編集長のつぶやき

ラヂオの時間。

三谷幸喜さんの映画で唯一観ていない『ラヂオの時間』を録画(ずいぶんと以前のことだが)しているのをすっかり忘れていた。お正月映画になっちまうかなあ。同じく三谷作品の『THE 有頂天ホテル』を、毎年暮れに観ることにしていて、

編集長のつぶやき

砂に書いたI love you~大編集後記。

  毎回、悩み抜いて作るのがこの特集の冒頭を飾る扉ページだ。僕は『昭和40年男』に限らず、雑誌てのは毎号必ず買ってくれる読者さんはほんの数%だと考えている。知名度が上がれば上がるほど、吟味してくれるチャンスが増

編集長のつぶやき

昭和洋楽から1年!!

7月11日発売となる、vol.56号の〆切作業に追われている。どうやら今回も騒ぎが起こせそうだとの手応えを、少しずつ感じながらの作業だ。テーマはまだ未発表にしておきたいのだが、先日エフエム世田谷でのマンスリーゲストの仕事

編集長のつぶやき

杉 真理さんの還暦上等。

去年『昭和洋楽』というありそでなかった言葉を引っ張り出して『昭和40年男』の特集を組み、そのまんまコンピレーションCDをプロデュースした。そのおかげで、去年の秋にエフエム世田谷の午後の番組『アフタヌーンパラダイス』に呼ん