今も昔もハンバーグ。

ガキの頃、お袋が作る料理の数々の中で、常にベスト5以内にランキングされていたのがハンバーグだ。焼いたフライパンに残った油と肉汁に、中濃ソースとケチャップを投入してソースにする。このうまさは下手なデミグラスソースなんかよりも断然うまく、ご飯が進む進む。今現在の我が家のハンバーグも同じように仕上げてもらっている。ずいぶん長いこと愛している、お家ハンバーグということになる。では、お外ハンバーグといえば。

 

これがなかなか「うまいっ」と唸るところの比率は低い。そうそう、松屋の期間メニュー『うまトマハンバーグ』はいいね。余談ながら松屋は『ごろごろトマトのチキンカレー』もうまくて、なかなかのトマト上手といえる。牛丼はまず食うことがない松屋なのだが、この期間限定のトマト系メニューとカレーはちょくちょくお世話になる僕だ。

 

戻そう。しょうが焼き定食は絶品なのにハンバーグだとイマイチという定食を食わす店は多い。よほどのご自慢の店でなければ、定食屋レベルのハンバーグそのものはそれほどの差異はない。するとやはり、満足度はソースによるところが大きい。どこも見栄なんか張らないで、中濃ソースとケチャップで作ればいいのにと思うことばかりだ。が、このサイトにも書いた2年半ほど前に初めて入ったつばめグリルのハンバーグは大好きな味だ(定食屋では決してないが)。熱々の鉄板にアルミ箔に包まれて乗せられて出てくる。破ると、グツグツとした極上のビーフシチューをまとった柔らかなハンバーグだ。こいつがたまらんのだよ。チェーン店に行くなら個人店を助けたいと常々思っている僕が、惚れ込んでいるチェーン店である。

 

つばめグリルは東京を中心に、神奈川埼玉に店舗を展開している。創業が昭和5年という老舗で、このアルミ箔に包まれたハンバーグ(つばめ風ハンブルグステーキ)が誕生したのは昭和49年とのこと。以来、つばめグリルの名物人気料理で、ほとんどのテーブルに運ばれている。ワインを飲みながらこいつを頬張るのは至福で、他にもソーセージやパテ、そして隠れた逸品が肉に味がしっかりとしみ込んだ鳥の唐揚げだ。おっさん呑みパラダイスで、客も年配の方が多く居心地がいいぞ(笑)。僕は品川駅前の店舗が好きだ。もし、このつぶやきに騙された方でお口に合わなかったらごめんなさい。

4件のコメント

  1. つばめグリル、美味しいですよね~
    私は、二子玉川 高島屋近くの
    つばめグリルへよく行きますよ~
    唐揚げは、ノーチェックでした、今度、トライしてみます!

    • あそこの唐揚げを食べないのは人生損してますよ(笑)。最近は、うまい唐揚げを食いにいこうという気分です。

  2. 今仕事で(昔SONYと科特隊本部があった)御殿山に通っているので品川駅前はよく通りますが、15号線沿いのちょっと見下ろしたところのお店ですよね。つばめグリルのハングルグステーキはちょっとクセがありますが、大好きです。食べに行くのは新横浜と大船のお店が多いですが、大人の雰囲気があっていいと思います。横浜アリーナでコンサートを見た帰りのあっしの勝負メシです。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*