『死ぬまで歩きたいなら頸椎・腰・骨盤・ひざ・足底の「5つのクッション」を整えなさい』(ぴあ)発売!

筋トレやスクワットはもう古い!
100万人を診てきたゴッドハンドが教える
肩こり・腰痛・ひざ痛知らずで
「100歳まで動く体」をつくる方法

ぴあ株式会社より3月1日、酒井慎太郎の最新著書『死ぬまで歩きたいなら頸椎・腰・骨盤・ひざ・足底の「5つのクッション」を整えなさい』が発売された。
『死ぬまで歩きたいなら頸椎・腰・骨盤・ひざ・足底の「5つのクッション」を整えなさい』
100万人を診てきたゴッドハンドである著者からの新しい提言です。

みなさんは例えば腰が痛いと、腰だけを治せばいいとお思いでしょう。
しかし、体というのは頸椎・腰・骨盤・ひざ・足底の「5つのクッション」が連携してこそ健康になるのです。ある1か所を見ているだけではダメなのです。

この体の生命線ともいえる5か所がしっかりとクッションの役割を果たしていないと、人の体は荷重のバランスを崩し、どこかしらの関節を痛めるようになっていきます。腰、首、ひざなどの関節を痛めることなく長持ちさせていくには、常にこの5か所をケアし、連携させて使っていく姿勢が大切。さらに、こうした姿勢は、いつまでも歩ける足腰を維持し、健康長寿を実現していくためにも不可欠となります。

本書は「荷重関節(=クッション)のつながり」をよくすることで体を整えていくことをテーマとした本邦初の一冊。死ぬまで元気で歩けるようにしていくには、筋トレやスクワットだけやっていてもダメ。いつまでも歩けるようにするには、5つの関節をスムーズに動かしていくことこそが大事なのです。

 
『死ぬまで歩きたいなら頸椎・腰・骨盤・ひざ・足底の「5つのクッション」を整えなさい』
著者:酒井慎太郎
発売:2019年3月1日
本体価格:1,100円(+税)
ページ数:208ぺージ
判型:四六版
 
ただ筋トレだけしていてもだめ、頸椎・腰・骨盤・ひざ・足底の5ヶ所の「クッション」を整えるという酒井ドクターの提言で、100歳まで歩ける身体を目指しましょう!
『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*