これぞ昭和の味、つばめグリル初体験。

店員さんたちのテキパキした動きが気持ちよい
店員さんたちのテキパキした動きが気持ちよい

東京の老舗洋食店のつばめグリルに初めて入店した。品川店でうわさのハンブルグステーキに舌鼓を打ち鳴らした僕だ。

昭和40年男と洋食の関係は深い。今のように外食が産業などと呼ばれるはるか以前に育った俺たちだ。連れて行ってもらえるのはせいぜいラーメン屋かそば屋で、洋食が食えるところに行くのは年に1度あったかどうかという幼少時代だった。小学生のときに近所に小さな洋食屋ができた。オープンに向けて、我が家が営む電器屋より多くの商品を購入してくれ、そのお礼とお祝いに開店直後に家族4人で出かけた。緊張しながら頬張ったビーフシチューのうまかったこと。食い物とはおそろしい恨みと並び、喜びも大きいものだ。

その後、街の洋食屋は減少していった。僕を震えさせた店もあまり長続きせずに店を閉じてしまったのは、ファミレスの台頭や食のジャンルの細分化などによるものだろう。が、どっこい粘り続けた店もあり、むしろ時代の変化とともにより細分化していく中で存在感を強めている。面白いものだ。

こんな風に供されアルミホイルにナイフを入れる
こんな風に供されアルミホイルにナイフを入れる

浅草なんかでは1店だけでやっている有名店が多く好感が持てる。チェーン店嫌いな僕だからよけいそれらを応援して出かける僕だが、つばめグリルは昭和5年創業とのこととセンスのよい外装に魅かれていた。なぜかこれまでタイミングが合わなかったがやっと念願がかない、目の前に人気ナンバーワンの『つばめ風ハンブルグステーキ』が届いた。パンパンにふくらんだホイルを破くと中ではソースがグツグツと踊っている。このソースはビーフシチューだそうで、柔らかく煮込まれた牛肉も乗っているのは迫力すら感じる。熱々をフーフーして口に運ぶ。うまい。理屈はなにもいらないうまさで、しっかりと昭和を満喫できた。

ヤッホー、幸せの瞬間だ
ヤッホー、幸せの瞬間!!

子供の頃のようにうれしくなったのは洋食のマジックだろうか。大きなハコを埋め尽くした客たちもみんな笑顔で、そのほとんどが同じメニューを楽しそうに頬張っていた。昭和万歳!!

  

『昭和40年男』定期購読のご案内

2件のコメント

    • 都内には多いですね。完全にローカルネタです。
      いろんな料理を頼みながらワインで酔いつぶれたい!!

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。