細野晴臣デビュー50周年でソロアルバム4作品が、最新デジタルリマスタリングのSACDとアナログ盤で再発!

バンド「エイプリル・フール」としてのデビューから今年50周年を迎える細野晴臣。3月6日には「HOSONO HOUSE」を自らがリアレンジし、新録および再構築した作品「HOCHONO HOUSE」をリリースしている。初夏にはアメリカツアーも行う細野晴臣の、アルファレコードからリリースされたソロアルバム「はらいそ」「フィルハーモニー」が5月15日に再発売される事が決定した。この2作品に続いて、エピック・ソニー時代の「omni Sight Seeing」「MEDICINE COMPILATION from the Quiet Lodge」も発売される予定となっている。

「はらいそ」はYMO結成前の1978年に発表した細野晴臣&イエロー・マジック・バンド名義のソロ作品。「トロピカル・ダンディー」(1975年)、「泰安洋行」(1976年)に続くトロピカル三部作の完結編。坂本龍一、大貫妙子、鈴木 茂ほかが参加した魅惑的でエキゾチックな楽園ミュージックの名盤。

「フィルハーモニー」はYMO在籍時に高橋幸宏と共同で設立した、YENレーベルの第1回目の作品として1982年に発表されたソロ作品。加藤和彦、立花ハジメ、上野耕路ほかが参加し、自身が設計に関わったLDKスタジオで、じっくり練り上げ制作された傑作。

2作品共、砂原良徳による最新デジタルリマスタリングによるSACDハイブリッドと、アメリカ・ハリウッドのバーニー・グランドマン・マスタリング(Bernie Grundman Mastering)にてカッティングを行うアナログ盤の2形態で発売される。細野晴臣は海外からの評価が高まっており、5月28日より行われる自身のアメリカツアーに合わせ、5月15日には世界配信も開始される!
夏には「omni Sight Seeing」「MEDICINE COMPILATION from the Quiet Lodge」も再発される予定ということで発売日の発表が待たれる。

<Release Information>
2019年5月15日(水)発売
細野晴臣&イエロー・マジック・バンド「はらいそ」
SACDハイブリッド 品番:MHCL-10114 価格:3,000円(+税)
アナログ 品番:MHJL-70 価格:3,700円(+税)

細野晴臣「フィルハーモニー」
SACDハイブリッド 品番:MHCL-10115 価格:3,000円(+税)
アナログ 品番:MHJL-71 価格:3,700円(+税)

<Live Information>
Haruomi Hosono Concert In Us
2019年5月28日(火)
アメリカ ニューヨーク州 ニューヨーク Gramercy Theatre(Sold out)
2019年5月29日(水)
アメリカ ニューヨーク州 ニューヨーク Gramercy Theatre(Sold out)
2019年6月03日(月)
アメリカ カリフォルニア州 ロサンゼルス Mayan Theatre 

細野晴臣 オフィシャルサイト 
細野晴臣 SPEEDSTAR RECORDS サイト
ソニー・ミュージックダイレクト特設サイト

「エイプリル・フール」としてのデビューから今年で50周年の細野晴臣! 年明けにはNHK-BSプレミアムで「細野晴臣イエローマジックショー2」が放送され、18年ぶりに「ドテラYMO」として3人での演奏も披露している。海外での評価も高く、5月28日からのアメリカツアーもすでにSold outになっている日も。昭和40年男世代にとっては、テクノポップを日本に浸透させたYMOとしての活動のイメージが強いが、それ以前からソロでも多彩な活動を行っている。そして今回、アーティスト活動50周年を記念して、まずは78年の「はらいそ」と、82年の「フィルハーモニー」が5月に再発されることになった! まだ少し先だが、今から発売が待ち遠しい!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*