編集長のつぶやき

堂々完成、昭和50年男。

『昭和50年男』(vol.013) が昨日手元に届けられ、社にはこのように売る気満々でストックしている。手前味噌ながらここのところ絶好調の弟は、今回も騒ぎを巻き起こしてくれるのではあるまいか。バッチリ決まった表紙といい、

編集長のつぶやき

おんまさんと瞳の会話!!

♩おんまはみんなパッパカ走る〜♩いい曲ですな。この曲はバンドマンガの傑作『気分はグルービー』で、実にかっこよく使われた。その場面はこうだ。主役を演じるバンド、ビテカントロプス・エレクトス(センスいいバンド名だなあ)が参加

編集長のつぶやき

『気分はグルービー』はタメ年漫画!!

「浅草秘密基地」の常連さんが、重い布袋を差し出して僕に貸してくれるという。どれどれと中を見るとなんとうれしいことに、かつてチャンピオンで連載していたバンド漫画の傑作『気分はグルービー』全巻である。 単行本1巻の発行を見る

編集長のつぶやき

実家には楽しみがいっぱい!?

カセットテープはすべて捨てられてしまった。痛むと嫌だからと大切に保管していたLPレコードの帯も捨てられた。中学のときにクラスメイトにばれないかとドキドキしながら続けた交換日記や、数少ないラブレターも全部捨てられた。が、さ

編集長のつぶやき

昭和の化石の大きな後悔。

先日久しぶりに実家に帰り、本棚から取り出したのがこの1冊だ。大切にしていた石野真子ちゃんや桂木文ちゃんがグラビアで踊る『GORO』や、貴重なカセットテープはお袋によって葬られ、書籍や『ミュージックライフ』などの音楽系の雑

編集長のつぶやき

『翔んだカップル』は高校1年生で飲酒!!

俺たち昭和のおっさんにとって、マンガの影響はとてつもなく大きい。今に比べると娯楽が少なかったから、自然とそこへの依存度が高かった。クラスの話題は、テレビと発売直後の少年誌に二分されるほどで、イキイキと描かれるキャラクター

編集長のつぶやき

タバコと酒とセックスと高校生。

少し以前のこと、宮崎 駿 監督作品の『風立ちぬ』に、日本禁煙学会が噛み付いたのがチョットした騒ぎになった。戦争はやってはいけないと言っているのに、体に悪いタバコを吸っていることが矛盾しているとか、見た子供たちがタバコに手

気分はグルービー
編集長のつぶやき

『気分はグルービー』は傑作なのだ。

『BECK』と並び、バンド系マンガの最高峰作品だ。最終話へともっていくのに、チョクチョク見る夢を使っている辺りは、もしかしたら『BECK』のモチーフになっているのではないかともとれる。夕べ久しぶりに実家に帰り、この最終巻