編集長のつぶやき

鶏肉とそば汁が奏でるハーモニー。

そば汁ってのはホントに素晴らしいと、毎日のようにうなっているそばジャンキーだ。もり汁もかけ汁も甲乙つけがたくいつも迷い、加えられる食材によって抜群のハーモニーを奏でるからよけいに迷う。もり汁にとろろが入れば世界はまったく

編集長のつぶやき

揚げ玉の天ぷらに落ち込むおっさん。

この一杯のそばによって、実に切ない気持ちにさせられた。今日は〆切作業まっただ中だから、チャッチャッと済まそうと立ち食いそば屋に入った。かき揚げの写真に誘われて天ぷらそば410円+大盛り券100円也の食券を購入して待つこと

編集長のつぶやき

変化を求め、変わらぬことを愛する。

雨の朝はいつもこの包装に感心させられ、配達の方のご苦労に頭が下がる。包む時間もあるだろうから雨の日はさぞご苦労だろう。ましてや今朝はゴールデンウィーク前でちらしがものすごく多く、大変な朝だったはずだ。 若者が見向きもしな

編集長のつぶやき

50歳にめげず夢を語ろう。

今週の浅草秘密基地はしっぽり開催だった。先週はちょっとしたフィーバー(!?)で、小さなショットバーながらほぼ満席となったのに、今週はうってかわってたった6人の集いだった。48歳が1人に50歳が5人(1人は先にお帰り)の、

編集長のつぶやき

昭和40年男をうっとりさせるデザイン。

さて、これはなんでしょう? 平成男はほとんどわからないかもしれないが、昭和40年男にはちょっとカンタンすぎる接近の仕方だったな。もうちょっと意地悪に撮ればよかった。正解はもちろんこれだっ!! ヤマハ発動機の現在と過去、そ

編集長のつぶやき

おっさんの喜び。

「そろそろ最後かねえ」と言いながら、婆さんに嘆願するこの時期の湯豆腐だ。婆さん、いやそんなん怒られる。女房も好物だから付き合ってくれるが、さすがにコンロにかけっぱなしで楽しむ鍋は熱く暑い。とっくにシーズンオフのはずが、爺

編集長のつぶやき

12年前に首を吊った相棒。

高2の時にヤツと僕はコンビになった。バンドで食うことを夢見ていた僕のポジションが、ギタリストからヴォーカリストへと変わり始め、うまいギター弾きが欲しくなりヤツを口説いた。高3からは同じ居酒屋でバイトをするようになり、その

編集長のつぶやき

レコードの帯。

最近このブログでアナログ盤のネタが増えているのは、現在外袋の入れ替え作業をしているから。この作業が実に楽しくてなかなか進まない。「このアルバムのラストのバラードはふられたときに聴き込んだな」なんて、当時がフラッシュバック

編集長のつぶやき

餃子の王将、恐るべし。

今日のランチは久しぶりに『餃子の王将』に入った。朝飯にありつけなかったからがっつりいこうとの選択だ。ラーメンとチャーハンのセットと決め込んでのれんをくぐり、肉無しとの指定があるラーメンと、チャーハンならぬ焼きめしのセット

編集長のつぶやき

生まれ変わったざる蕎麦!?

「セブン-イレブンのざる蕎麦がこんなに変わった」「生まれ変わったざる蕎麦をぜひご賞味ください」とたたみかけるCMをご覧になっただろうか? セブン-イレブンのコイツにちょくちょく世話になる僕で、先日その言葉どおりかを試した

編集長のつぶやき

憧れのスイートルーム!?

我が東京都のボスが日本中に不快な思いをさせている。先の選挙で圧倒的な勝利だったが、反省している東京都民は多いだろう。オリンピックにかかる金のことを激しく批判していたのに、ご自身のオリンピック視察は豪勢に税金を使っていると