12/5の「アメイジング商店街 V3」を主催するタメ年マクラウドさんが、クリスマスの原宿で『1978年の世界』展を開催 ! 寄稿者も募集中!!

おはこんばんちはです。
毎度の「S40ニュース!」ですが、今回は少々変わりダネ的な感じでお送りします。
 
今年2月に開催した「『昭和40年男』『昭和50年男』特別企画展」にも出展参加してくれた、ズバリ1965年生まれのタメ年男・マクラウドさん。こちらのニュースでも主催イベントを何度かご紹介させていただいてるんですが、明日 2021年12月5日 (日) には、都立産業貿易センター浜松町館 4F でオールジャンル展示・即売会「アメイジング商店街 V3」を開催!

多彩かつ充実の出展ラインナップで、懐かしモノや同人アイテムのファンなら大興奮のこちらのイベント。マクラウドさんのTwitterアカウントからは出展者のツイートが続々と流れてきてまして、そちらを拝見していても実にそそられるモノばかり。11時のオープンから入場可能な前売券も発売されていたので、この記事を読んでいる人の中にも、すでにゲット済みで明日に向けてワクテカ待機している方がいらっしゃるかもしれませんね~。


 
さてさてそんなワケで、明日の “アメ商” もヒジョーに盛り上がりそうなんですが、もう一つ期待高まるマクラウドさんプレゼンツのイベントが、クリスマスのタイミングで実現!
 
昭和40年男が多感な中学生時代に突入した1978年。その当時のアニメや映画の雑誌・ムックを中心に様々なアイテムをまとめて展示する、待望の『あの頃ギャラリー 1978年の世界』が、12月24日金 (金) 〜 26日 (日)、原宿駅から徒歩5分の「ギャラリーさくら」で開催されるそうですよ~。
 
昨年末に中野で開催された『MINI GALLERY 1980年の世界』では、’70年代から ’80年代へという大きな時代の転換点となった “1980年” という年をクローズアップ。圧倒的な物量をそろえて、まさに “BACK TO ’80” ! なワクワクのタイムスリップ空間を現出せしめてくれたのですが、今度はさらに時間をさかのぼり、時代のスイッチへと至る様々なアクションが見られた “1978年” をフィーチャーしての展示となります。
 
『昭和40年男』本誌でも毎号、昭和のある一年にフォーカスして様々な出来事を取り上げる連載特集『夢、あふれていた俺たちの時代』がありますが、今回のマクラウドさんのイベントはまさに同じような感覚で楽しめるハズ。しかも現物の資料が一堂に集められ、直接触れられる貴重な機会となることでしょう。

 
…っと、こちらのニュースをよくご覧いただいている方は覚えているかもしれませんが、実はこの『1978年の世界』、10月に開催された「ワンダホー即売会」内の企画ミニ展示コーナーとして展開されておりました。この時は1日のみのテスト的な展示だったのですが、その後無事に会場も確保でき、クリスマスの原宿にてめでたく単独開催実現!となった模様です。
 
ワンダホー即売会には筆者もお邪魔してきまして、以下、その時の『1978年の世界』ミニ展示コーナーバージョンの様子を遅ればせながらで恐縮ながらフォトレポート的にご紹介します。
 
その後さらなる資料蒐集も進められているハズなので、今度のギャラリーさくらバージョンは、きっともっとスゴいことになっているかと思うのですが、雰囲気はつかめるかな?ということで、興味を持たれた方はゼヒ、予告編的に眺めてみていただければと思いまス。
 

■2021.10.3「ワンダホー即売会」内 企画ミニ展示コーナー『1978年の世界』
▲「ワンダホー即売会」も都立産業貿易センターにて開催
▲会場風景。手前は『1978年の世界』の展示スペース
▲イベントマスコットの「ワンダホロボ」キットも販売
▲ワンダホロボ「ミニ」と「DX可変タイプ」の完成見本

▲企画ミニ展示コーナー『1978年の世界』のタイトルパネル。資料は手に取り閲覧OK、ずっと観ていたくなる空間でした!
▲手前は ’78年当時のアニメ関連ムックやレコード。新作だけでなく、旧作ファン向けの商品もこの頃から発売されるように
▲『月刊OUT』などに続き、’78年に徳間書店から『月刊アニメージュ』が創刊されアニメ文化を一歩メジャーへ押し上げた
▲’78年夏に『さらば 宇宙戦艦ヤマト』公開、『キャプテンハーロック』『銀河鉄道999』もアニメ化され松本零士ブームに
▲’78年2月に『未知との遭遇』、6月には『スター・ウォーズ』が公開。宇宙モノ特撮の雑誌特集やムックも百花繚乱
▲SWブームへの日本特撮からの回答『宇宙からのメッセージ (・銀河大戦)』の「リアべ号」と「プレアスタ―」のポピニカ
▲『ウルトラマン』も『仮面ライダー』もテレビの新作放送はない時期だったが、リバイバルブームでムックなどは多数発売
▲『ブルース・リー 死亡遊戯』は、’73年に他界したリーの代役をユン・ピョウなどが務め’78年に公開。第二次ブームに
▲OPの8bitなワイヤーフレームCGやスロー演出がたまらん『バイオニックジェミー』。主演のリンゼイ・ワグナーも人気に
▲『東宝チャンピオンまつり』『東映まんがまつり』のポスター。手前には大人気の百恵ちゃんやピンク・レディーの姿も
▲『スペースインベーダー』も’78年稼働で『西遊記』OPもスペーシー。快進撃の角川映画『野生の証明』で薬師丸デビュー

 
…といったところで、いかがでしょう? 『昭和40年男』はじめ「昭和トリオ」読者の皆さんも、懐かしくも新鮮な『1978年の世界』へタイムトラベルしてみたくなったのでは? これはまさにマクラウドさんからのクリスマスプレゼント!ということで、近郊の方はゼヒ原宿まで足を運んでみてください!
 
 
そしてそして、『MINI GALLERY 1980年の世界』で販売されたようなパンフレットが、今度の『あの頃ギャラリー 1978年の世界』でも制作されるとのこと。「1978年の想い出」をテーマに、12月13日 (月) 〆切で寄稿を募集しているそうなので、我こそは!と思った方は、こちらにも参加してみては? 


(「昭和トリオ」 “Web担当A”)
 
 
[以下、マクラウド  ブログより ※12/3付]

「あの頃ギャラリー 1978年の世界」
会期  12/24(金)、25(土)、26(日)
時間  11:00〜19:00
入場料 未定
場所  渋谷区千駄ヶ谷3-54-8 原宿さくらビル BF ギャラリーさくら
    原宿駅 徒歩5分、北参道駅 徒歩6分、明治神宮前〈原宿〉駅 徒歩8分
 

 


 
■「昭和トリオ」SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko
 
『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna

 
 
※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*