スパゲッティナポリタンを作ろう 〜大編集後記。

大編集後記ももうそろそろ2週間になるから、今日で一度ピリオドを打つことにする。が、しつこいはこの後も何らかのPRをぶっこんでくることだろう。ふっふっふ、巳年だからな。

 

 

久しぶりの新連載のスタートだ。もうずいぶんと長いこと温めてきた企画で、満を持してのスタートである。その名も「お料理寅さん」であーる、パチパチ。

 

料理指導してくださる平野さんとの出会いは、もう久しく開催していない「浅草秘密基地」でのことだった。どなたもそうなのだが、この集いに初めて参加する時はドキドキするものだ。俺たち世代は社交的でスマートに決めるヤツよりもシャイな男ばかりで、平野さんも最初は輪の中に入るのをためらったそうだ。

 

1つ上の兄貴は、気持ちがストレートで下町育ちらしい豪快さと繊細さを兼ね備えたナイスガイだ。「兄貴」と呼ぶにふさわしいキャラクターで「浅草秘密基地」では大人気の男である。浅草に続いての東京支店「東京麻布秘密基地」の開催に一肌脱いでくれ、彼がオーナーシェフを務めるレストラン「セレニータ」こどもの日に開催することが定番になった。残念ながら2年連続の中止になっているが、なーに、もうすぐさ。

 

人生100年時代と言われる。仕事人生でなくなった時に男はどう生きていけばいいか。答えは趣味と友であると最近確信している。とくに地元地域に友を作ることは肝要だなと、近所のご高齢の方々を見てつくづく思う。そして趣味はそれによってやはり友を得ることができ、ボケを防ぐ効果もあって、今回みなさんにご提案する料理は後者の効果となる。同世代諸氏ではおそらく、まったくやらない方が多数だろうと感じている。で、平野さんにお願いしたのは「包丁を持ったことがないヤツでも作れる」だった。もちろん少々ハードルはあるものの、がんばれば出来るレベルだ。

 

休日に悪戦苦闘しながらも完成させて家族と楽しめば、ずーっと交わしてなかった (!?) 会話も弾むってもんだぜ。その悪戦苦闘を少しでも軽減させるために、この連載では毎回動画の制作にもトライする。実はこれ、すっかりハメられてしまったかっこうだった。取材当日、僕はよろしくの挨拶のつもりで集合時間に顔を出した。すると担当編集から、動画を平野さんと一緒に撮らせて欲しいとくるではないか。な〜んの準備もしていない僕だから、少々後悔しているが少しずつ上手になるからご勘弁を!! てな訳で、動画連動連載で続けていく。いつかレシピ本が出せたらいいなあ、な〜んてことも考えている僕だ。

 


 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*