ホーム > プロデューサーのつぶやき > 枯れた男たちにそっと教えるそば屋!!

枯れた男たちにそっと教えるそば屋!!

2015 年 10 月 28 日 プロデューサー コメント

招福亭先日このブログに同じようなタイトルで温泉の紹介をしたところ、親しい方たちから多くの問い合わせをいただいた。おっさんらしい場所を求めている同世代は多いのだな。そして恩返し(!?)に、みなさんにとっての教えたくない場所を教えていただき盛り上がったりした。さてならば、第2弾となる場所を紹介しよう(なんだか昨日もそんな感じだが…)。京都にあるめいっぱい昭和のそば屋『招福亭』さんだ。

東本願寺の近くにあるここは、今年の春にもちょっとふれた。詳しくはこちらを見ていただきたいが、そのときに僕はちょっとしたミスをしてしまい、茶そばが自慢の店なのにうどんをいただいてしまったのだ。また訪れたときには茶そばをと思っていたところ、先日そのチャンスに恵まれた。腹が減っていた僕はカツ丼とそばのセットを頼んだ。江戸っ子の勝手な想像で、京都なんだからきっとお上品な量だろうと待つこと数分して運ばれてきたのは、ビックリのヴォリュームで大満足となった。

店内はタイムスリップしたんじゃないかというほどの昭和の香りがする。その店内を埋めているお客さんたちは地元の方と思われる方が圧倒的に多い。京都で観光客があまりいなくてうまい店ってのは、リストに加えておいて損はないはずだ。京都の上品な言葉が交わされる中ですする絶品のそばは至福である。素朴にうまい。味に懐かしさを感じるのもいい、おっさんのパラダイスだ。江戸のそばとはまったく違う食べ物だと思っていただいた方がいいかもしれない。

紅葉の京都に行こうと画策している、幸せなタメ年諸氏もいることだろう。そのコースにうまく東西の本願寺を入れて、途中にここを組み込むことをおススメする。が、昼時はかなりの混雑だから少し時間は外した方がいいだろう。いざっ、おっさんパラダイスへGo!!

 

 

  

  1. コメントを募集しています。