【ハロウィーン】どうなる土曜日

【ハロウィーン】どうなる土曜日映像にしろ、記事にしろ、そして街中にしろ、最近やたらと仮装している人たちを見かけませんか? すっかり市民権を得ているようですからご存知でしょうが、“ハロウィーン”というやつです。本来はいろいろと宗教的な意味合いがあるはずですが、今ではただの仮装大会になっている印象です。ただ、あまり野暮なことを言っても…という感じでしょうか。

 

昭和40年男の青春時代にはなかったイベントですが、本番はどうやら1031日のようで、今から盛り上がったら当日はどうなることやら。実際、昨年は人混みに紛れて痴漢が横行するなど、羽目を外す輩も多かったと記憶していますし、さらに今年は土曜日ということで、例年以上の“大騒ぎ”は必至でしょう。不安を感じているのは私だけではなく、警察や自治体も対応策に頭を悩ませているようです。不測の事態に備えての警備態勢や、大量に放り出されるゴミをどうするかなどなど…。

 

折しも米国フロリダ州では17日、ゾンビの仮装イベントで銃撃事件が発生しました。変装した犯人はどうやらゾンビの群集に紛れて発砲したようで、死傷者が出たということです。おそらく犯人を含めて全員が素顔をさらしていないわけですから、特に見とがめられることもなかったでしょう。銃声も歓声にかき消され、参加者はしばらく何が起こったのか理解できなかったようで、気付いた時には一気にパニックに。その隙に、犯人はまんまと逃亡という図式でしょうか。

不安をあおるつもりはありませんし、日本でそんなことは起きないと思いますが、“危機察知レーダー”は働かせておく必要があるかもしれません。まあ、昭和40年男世代が仮装してはしゃぐとも思えませんが…。もし実行したら、私はその勇気をほめますけど(笑)。

 

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*