なんてったって、仮面ライダー。(6)

ところで唐突ではあるが
仮面ライダーといえばカードだ。

当時の小遣いは読んで字のごとく、とにかく少ない!
わずかな!!
少額な!!
小遣いのほとんどを、このカードに持っていかれた。

当時の社交場である駄菓子屋には
いつも子供たちがあふれていて、
少ない予算を割り振りしながら落としていく。
誘惑に負けて頬張るアンコ玉やスモモ、あんずなどなど
“残らないもの”についつい手が伸びてしまう。

だが、友達のライダーカードコレクションを見せつけられた翌日などは、
グッとガマンしてライダースナックを買った。
スナックはとっくのとうに飽きていて、
よっぽど腹を空かしていなければカードだけでスナック込みの定価を支払う。
もうこれは、自分のコレクションへの投資のようなものだな。
寿司屋でつまみばっかり食べているのと
似ているような似ていないような???
とにかく、ドキドキワクワクしながらカードの袋を開ける。

仮面ライダースナック

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*