なんてったって、仮面ライダー。(5)

V3の放送が始まったのが昭和48年の2月からで
小学2年生直前である。
ライダーマンが登場すると聞いたときには
もう2年生になっていたはず。
そのこと自体には胸が躍ったことを記憶しているが
その後は先に書いた通りだ。

小学2年生の、ましてや
どちらかといえば幼い部類に入っていた俺が
急速に冷めていってしまったのには
きっとなにかわけがあったのだろう。
といっても、決定打となった要素を思い出せるわけではなく、
今こうして書いていても “?” ばかりである。

V3で俺が冷めてしまった理由とは何か?
今あらためて見比べると
1号2号との姿形の違いがあまりに大きい。
それと怪人のおどろおどろしさが消えて
なんだかスマートな感じがする。
ここら辺がダウンタウンボーイの俺には受け入れられなかったのだろうか?

などと考えてみたものの
当時に時間を戻すことはできないのだから
検証は非常に難しい。
大人の感性で見直したところで
わけのわからん推理にしかならないしね。
とにかく、少しずつ距離を置いていったという記憶だけは確かなのだが
みなさんどうでしたか?

V3

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*