ココイチのカレーを大盛りにしたい!! 我慢の昭和40年男。

本日よりの編集長のつぶやきは、昨日まで続けてきた大編集後記から普段通りのおっさんよもやま話に戻す。あっ、そうそう、明日は文化放送でくっちゃべるから、お手すきの方はぜひ聴いてくだされ。9時からの『くにまる ジャパン 極』という番組内の本屋さんへ行こうというコーナーで、お昼過ぎの出番になるとのことだ。楽しみである

 

さて、写真のカレーだ。同世代諸氏の多くの方が世話になっているのではないだろうか、ココイチのカレーだ。かつてはご飯500gはあたり前田のクラッカーで、本気を出すときには700gをキメていた僕だが、残念ながら今は普通盛りの300gに抑えている。この大好きなクリームコロッケを乗せているのだから、せめて400g、いや500gといきたいところだが、ぐっと堪えるデブだ。って、クリームコロッケを載せているだけで、すでにダメじゃん。いやいや、本気で痩せたいならカレーそのものがアウトだろっと、一応突っ込んでおく。

 

先日、富山のイベントに向かう夜にこいつをいただいた。山積している作業を夜中までこなして出発し、そのままイベントをこなすのだからカロリー多めは許されるだろうと、会社近くのココイチに飛び込んだのだ。スパイスカレーなる期間限定メニューも気になったが、久しぶりのココイチゆえ定番でいこう。イベントの活力にしたいと、こうしてクリームコロッケとビーフカレーを奮発したのである。

 

クリームコロッケにはたっぷりとソースをかけて、まるでコロッケ定食のようにいただく。揚げたてのアツアツは相変わらずで、カロリーが気になりながらも美味しくいだだいた。そして交互にビーフカレーを頬張る。この2つの大好物を一緒に食うなんて、そんな贅沢はできないと僕は別々に食べ進めるのだ。

 

ここ近年は、ココイチにできるだけ行かないようにしている。10年ほど前までは前述の量を少なくとも週イチで頬張っていた。が、太りやすくなったおっさんには当然ながら大敵なのだ。コロッケをつける or ご飯400gを上限にしていて、これでも我慢していると感じてしまう。そして結局「あーあ、もの足りないなあ」と店を出るのは寂しいったらない。この日もいつも同様、満足感を得られないまま会社に戻ったのだった。そんなんだったらもういい、ココイチには行かないと毎度誓うのだが、こうしてまた足を運ぶ。カレーってのは罪な食い物だぜ、やれやれ。

『昭和40年男』定期購読のご案内
『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。