【タメ年の活躍】池永康晟5年ぶりの新刊。 池永康晟画集『少女百遍の鬱憂』が7月31日に発売!

日本を代表する天才美人画家、タメ年・池永康晟の新刊『少女百遍の鬱憂』が株式会社玄光社より7月31日に発売されます。

池永康晟(いけなが・やすなり)
1965年大分県生まれ。大分県立芸術短期大学付属緑丘高等学校卒業。
自身で染め上げた麻布に岩絵具で描く美人画が、独特な質感と芳香を放つ。
文房具や本の装丁など海外からのオファーも多い。
2014年に刊行された画集「君想ふ百夜の幸福」はロングセラーを続けている。
AKBとのコラボレーション、版画やぬりえ、カレンダーの発売の他に美人画集の監修を行うなど活躍の場を広げている。  

2014年に芸術新聞社から刊行された画集「君想ふ百夜の幸福」が異例のロングセラーとなった日本を代表する天才美人画家、池永康晟。

独学から生まれたという自身で染め上げた麻布に岩絵具で描く美人画が、独特な質感と芳香を放ち、文房具や本の装丁など海外からのオファーも多い。

AKB48とのコラボレーションや、美人画集の監修を行うなどプライベートワークの制作以外も活躍の場を広げて話題となっております。

そんな著者が数年にわたって描きあげた、少女美人画作品集の決定版が完成しました。

日本を代表する天才美人画家の5年ぶりの最新作品集は、前作を知っているファンの方はもちろんのこと、これから出合う人にも自信を持って手に取ってもらいたい1冊となっております。

【池永康晟よりコメント(本文より)】
『幼く美しい娘は鬼だ、異形の鬼だ。
私は、それを描く覚悟を知らないのだ。
少女であることと偶像であることの
狭間を彷徨う娘達と、
それに惑する画描きの。
これは葛藤と鬱憂の記録である。』

【本の概要】
タイトル: 池永康晟画集 少女百遍の鬱憂
発売日:2019年7月31日発売
判型:A4判 144ページ
定価:本体2,800円+税
ISBN:978-4-7683-1215-5
出版元:株式会社玄光社

【関連イベント】
芳林堂書店高田馬場店にて8月2日に本書発売記念サイン会を開催。また、パネル展や発売記念フェアの開催も決定しています。詳細はこちら

■サイン会概要
日時:2019年8月2日(金) 開場 19:15/開始 19:30
場所:芳林堂書店高田馬場店(東京都新宿区高田馬場1-26-5 FIビル4F)/LUCAS FARM CAFE
予約:2019年7月16日(火)10:00~ 芳林堂書店高田馬場店3Fにて池永康晟画集『少女百遍の鬱憂』をご予約もしくはご購入された方に先着で参加券をお渡し致します。
※同日より 電話・メールでも参加ご予約を承ります。 http://www.horindo.co.jp/t20190711/

■発売記念パネル展概要
期間:2019年7月31日(水)~8月18日(日)
場所:芳林堂書店高田馬場店(東京都新宿区高田馬場1-26-5 FIビル4F)/LUCAS FARM CAFE
内容:カフェ店内にて、『少女百遍の鬱憂』のパネル展示を行います。また池永康晟さんの作品をモチーフにしたコラボドリンクも販売。コラボドリンクをご注文の方を対象に、池永康晟さんの絵画デザインの特典「コースター」をプレゼントいたします。※特典「コースター」は、期間中であっても無くなり次第配布終了となります。
詳細:「芳林堂書店」ホームページ

■発売記念フェア概要
期間:2019年7月16日(火)~8月18日(日)
場所:芳林堂書店高田馬場店3F(東京都新宿区高田馬場1-26-5 )
内容:池永康晟さんの画集、関連書籍、ジクレー版画を販売

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*