伊東四朗さん登場~大編集後記。

さあ、今日も元気に最新号のご紹介をさせていただくぞ。驚愕の特集『俺たちのお母さん』において、我々編集部が苦労の末決定させたベスト100では堂々の4位にランクインした、伊東四朗さんが演じた『おかあたま』だ。


僕がコメディアンになりたいと夢描いたのは小学生の頃だ。きっかけはドリフターズでメンバーになりたいと憧れ、続いて欽ちゃんの1人の力も全く別の魅力を感じた。さらに夢を大きくさせたのが『みごろ!たべごろ!笑いごろ!!』の伊東四朗さんと小松政夫さんだ。この番組のような世界を作りたいと心に決め2人を尊敬した。『ベンジャミン伊東』と『おかあたま』に唸り、小松政夫さんの独特のリズムにもうっとりしていた僕で、ドリフターズ、欽ちゃんとともに僕の心の中で3本柱となったのだった。

 

そんな風に尊敬していた伊東四朗さんがうちの雑誌に登場してくださった。小松の親分さんは以前登場いただいたが、伊東さんは初めてである。残念なことに現場に行けなかったが、このメインの写真を見た僕の喜びったらない。「若っ」と思わず声に出た。役者やタフマンとしても大活躍する伊東さんは昭和12年生まれで実年齢より相当若く見える。モンスターである。いや、やはりタフマンなのである。

 

記事では『おかあたま』にまつわるちょっと泣けるいい話があり、特集からはそれるが『ベンジャミン伊東』の誕生秘話やドリフの話が出たりと、俺たちの興味のあったところを語り尽くしてくれている。必読の4ページだ。まだ手に取っていないあなた、すぐに書店へと走りなさい!!

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。