【懐かしの名盤】ローリング・ストーンズ 『レット・イット・ブリード』(3)

昭和40年男の僕にとっての名盤ライブラリー『懐かしの名盤ジャンジャカジャーン』をお届けしている。あっ、そうそう明日は秋田県の田沢湖スキー場でイベントをやっているから、ご近所の方は遊びに来てくださいねー。

それでは昨日の続きじゃ。ストーンズの魅力とは? ズバリ、カッコよさである。そこにはさまざまな基準があり、人の好みによるところだろうが、ロックシーンで最もカッコいいと断言しても、おそらく反論が少ないバンドである。全盛期のジュリーだって、日本の歌謡シーンで最もカッコよかったように、世界のロックシーンでは、ストーンズが長い時代を最もカッコいいバンドとして君臨した。ロックミュージックにこれだというカタチのない時代に、いろんな才能が開花していった中で、ストーンズはカッコよさでピッカピッカに光ったのである。ドラッグも確信犯だったのかもしれない。まあそんなことはないだろうが、サウンドもファッションも立ち居振る舞いなどなど、年月とともにすべてがカッコいい方向にいっている。そこに導いたのが2枚看板であるヴォーカルのミック・ジャガーと、ギターのキース・リチャーズだ。

黒人ブルースを敬愛している白人ミュージシャンはたくさんいるが、同時に彼らはどうしても埋められない壁を感じていたのだと思う。奥底にあるフィーリングや独特のリズムとかさまざまな要素だ。そこをテクニックで補っていったギタリストは多い。ストーンズの2枚看板も黒人ブルースにハマった。他のミュージシャンと同じく感じた足りない何かを、2人はカッコよさで埋めたのだ。おーっ、なんと強引な説じゃ。まあまあ、聞いてくんろ。たとえば、キースのプレイスタイルで有名なオープンチューニング(難しく抑えないでもキチンとコードがなるように初めから音程設定を変える)だって、ギタープレイ重視ではないのだ。かき鳴らすのに適していて、そのスタイルそのものを求めたのである。カッコつけ優先型プレイなのジャー。

とはいえ、肥大化していった時代のロックビジネスシーンをカッコよさだけで戦えるはずはなく、もちろんストーンズは武器もたくさん持っていた。それを端的に証明するアルバムが『レット・イット・ブリード』で、頭のたった3曲を聴けば十分に理解いただけるはずだ。

ストーンズとしては重厚なつくりの『ギミー・シェルター』で始まる。余談になるが、面白い現象として近い時代にビートルズから『ヘルタースケルター』が発表されたこと。音楽シーンがヘビーサウンドを手に入れていく方向性の示唆は、こうして果たされていたりするのだ。続けての『ラブ・イン・ベイン』こそが、後にロック界に君臨することを証明づけたと僕は思っている。先にも述べた敬愛する黒人ブルースへのアプローチをこうした方向へと持っていけたことは、ブルースかぶれバンドからの完全なる脱却となった。ロバート・ジョンソンの原曲は、まったく違う曲だと言っていいだろう。そう仕上がったことがスゴイのでなく、名曲に仕上げたことが素晴らしいのである。さらに続けての3曲目では、今だとセルフカバーといえばいいのか『ホンキー・トンク・ウィメン』をカントリー調に調理してしまった。この3曲だけでも、ストーンズのすごさやベクトルは見える。世界一演奏がうまいとか、歌がうまい、ギターがうまい、グルーブがスゴイとかいうところじゃなく、ストーンズがいく方向性こそがロックそのものなのだ。全部ひっくるめて言葉にするとやはり、世界一カッコいいバンドなのである。

2件のコメント

  1. ストーンズのカッコ良さは、あの顔もあると思います。クイーンの良さに気付けなかったのもフレディーの怖い顔と他のメンバーの優しそうな顔が邪魔してた様な(自分にとって)。ZEPも顔、カッコイイし。ザ・フーはカッコ悪くて、フリーはカッコ良かったんです。まったくもってテキトーな基準ですね。

    • いや、たしかに顔は重要です。ストーンズとエアロがロックシーン最高の顔じゃないでしょうか。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*