昭和にタイムスリップできる浜松町ランチ。

港区芝大門にこんな素敵な横丁があり、ランチタイムは強力すぎる3店が営業している。ある日発見した汚い看板に誘われて入った感動のカレー屋(夜はもつ焼き屋の二毛作営業)を、甲乙つけがたい定食屋が両脇を固めているのだ。場所は芝大明神の門前町で正面に向かって右手に進めばあるからすぐに見つかるはずだ。3店とも絶品のランチを提供してくれる。

 

足がついつい向かってしまう。ポカラカレーはこのサイトで以前紹介したことがあるネパールのカレーで、これを読んで出かけた方々より絶賛の声が届いている。辛さは強目で、しょうががガツンと効いていてこれからの季節は体の芯から暖めてくれる。ルーのおかわりができるのもうれしいのだが、なんとなくはしたない気がしてできない僕だ。

 

写真で見て手前が『YOSHIZANE』で、一汁三菜の日替わり定食を食べさせる。ヘルシーでありながら栄養満点を感じさせ、丁寧な仕事がうれしくなってくる。どちらかといえば女性が喜ぶ店かな。一方、ポカラの向こうは『穂久斗(ほくと)』で、テレビでも度々紹介されるとんかつの看板を掲げている店だ。とんかつはもちろんだが、クリームコロッケやハンコロと呼ばれるハンバーグとコロッケの相盛りランチは飯がガンガン入ってしまう。こちらは男が喜ぶ店だ。

 

と、昭和風情とグルメの芝大明神門前町ランチにぜひ出かけてみよう。ちなみに大門や浜松町方面から向かうのならば芝大明神の手前に、江戸時代より続く蕎麦屋『布屋更科』の誘惑がある。まっ、こちらは夜に酒を呑みながらがよろしいだろうから、昼間は昭和風情を楽しみながら3軒から悩み抜くことをお勧めする。おっさんパラダイスへGo Go Goだ!!

『昭和40年男』定期購読のご案内

2件のコメント

    • 土日は休みなんで、ご利用されたい方は平日に休暇を取って出かけましょう。その価値がありますよ。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。