リッキー・リー・ジョーンズを外した苦渋の選択〜最新号がやってきた。

最新号は手に取っていただけただろうか? 明日は連休の最終日の方も多いだろうから、疲れを癒しつつ元気になれる『昭和40年男』の50号をぜひゲットしてほしい。

 

さて、今日は超番外編であり極秘(!?)の編集後記である。写真のアルバム、そしてリッキー・リー・ジョーンズこそ僕が定義した『昭和洋楽』の、ストレートど真ん中ストライクな存在だ。だが今回の特集で取り上げることは無しにした。なぜか。

 

70年代後期、洋楽は巨大マーケットに育っていく熱気の渦中にあった。豊かな才能が集まり、資金が投じられプロモーションしていく。この頃よりビッグヒットは作り出すものになった。そんな象徴のようなアルバムが写真のリッキー・リー・ジョーンズのデビューアルバム『浪漫』である。ファーストシングルの『恋するチャック』は、カッコよくて、個性的で、そしてチャーミングな曲で僕の情報源『ダイヤトーン・ポップス・ベストテン』によって耳にした。中坊の僕だ。当時はギターがうまくなりたいことが洋楽文化にふれる最大のモチベーションだったから、範疇外の曲だったと言っていいだろう。そして、長いことその名を思い出すことはなかった。が、10代も後半に差し迫った頃に、大阪の音楽仲間が「メチャクチャうまいリッキーっておばさん知っとるか?」ときた。パンとつながったのが、中坊の僕で「ああ、知ってる『恋するチャック』だろう」と答えた。すると「このアルバム最高やで」と『パイレーツ』の入ったTDKのADを手渡してくれた。「うんうん、最高だ」と聴きまくった僕だった。

 

こうしてリッキーと再会して、ファーストアルバム『浪漫』から買い始めほぼすべてのアルバムをコンプリートするほどハマってしまった。ジャニスとリッキーは女性ヴォーカリスの基礎を作ったと思っている。来日公演も2度観に行っているほど愛している。

 

当時のワーナーが誇るスタジオミュージシャンが惜しみなく投入されたサウンドは、ボズ・スキャッグスと対を張るほどだ。が、同世代にはややマイナーすぎる。今回の特集では知る人ぞ知る存在や現象を極力抑えて、みんなでガハハとできる特集を目指したから外したのである。そう、苦渋の選択だ。いつかこのサイトで『浪漫』についてめいっぱいの持論を展開すればいいやと、我慢できた。うん、サイトを持っているってのはいいな!!

 

 

 

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。