超問題作『スターリンの葬送狂騒曲』8月3日 黒歴史、解禁!

ロシアで上映が禁止され、話題を呼んだ問題作『スターリンの葬送狂騒曲』が、8月3日(金)より全国で順次公開される。本作は、1953年のロシア(旧ソ連)を舞台に、当時恐怖政治を強いてきた絶対的独裁者ヨシフ・スターリンが死んだことで巻き起こった、最高権力の座を巡る争いや内部の混乱を辛辣かつコミカルに描いたブラックコメディだ。

© 2017 MITICO • MAIN JOURNEY • GAUMONT • FRANCE3 CINEMA•AFPI•PANACHE•PRODUCTIONS•LACIECINEMATOGRAPHIQUE• DEATH OF STALIN THE FILM LTD

第42回トロント国際映画祭で世界的に初披露され、その後も各国の映画祭で“話題”と“笑い”を呼んだブラックコメディ『スターリンの葬送狂騒曲』。製作国となるイギリスでは昨年の10月に公開されスマッシュヒット! さらに、今年に入ってからは、3月9日にアメリカで公開館数を絞って限定公開され、2018年限定公開作品のなかでNo.1のオープニング記録をつくり話題になっている。世界最大級の映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」でも97%FRESH(2018年4月20日現在)を叩きだす高評価を得て、世界各国の新聞や映画サイトなどでも絶賛評が続々とあがっている。史上最も黒い実話に基づくと言われる注目の本作品をぜひ劇場でご覧いただきたい!

© 2017 MITICO • MAIN JOURNEY • GAUMONT • FRANCE3 CINEMA•AFPI•PANACHE•PRODUCTIONS•LACIECINEMATOGRAPHIQUE• DEATH OF STALIN THE FILM LTD
© 2017 MITICO • MAIN JOURNEY • GAUMONT • FRANCE3 CINEMA•AFPI•PANACHE•PRODUCTIONS•LACIECINEMATOGRAPHIQUE• DEATH OF STALIN THE FILM LTD

 

 『スターリンの葬送狂騒曲』

監督:アーマンド・イヌイッチ/出演:スティーヴ・ブシェミ、サイモン・ラッセル・ビール、ジェフリー・タンバー、オルガ・キュリレンコ 他

STORY:スターリンが死んだ! ソ連最高権力の座をめぐり、狂気の椅子とりゲームが始まる―。1953年ソ連。粛清という恐怖で国を支配していた独裁者スターリンが急死した。次期最高権力の座を狙って色めき立つ側近たち。厳かな国葬の裏で巻き起こる、姑息で熾烈な争いはやがて―。

8月3日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ他全国順次ロードショー/配給:ギャガ

 『スターリンの葬送狂騒曲』公式サイト

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。