トヨタ2000GTのおもひで。

トヨタ2000GT昭和40年男だったらこの顔にグッと来るはずだろうと、つい先日撮ってきた。ヤマハ発動機との打ち合わせが数件たまっていて、エイヤッと片付けるために静岡県磐田にある本社に出かけてきた。本社に隣接して『コミュニケーションプラザ』と称するヤマハのすべてを丸ごと見られる楽しい施設がある。ここの一階にドーンとコイツが展示されていて、打ち合わせの合間に観に行ってうっとりしながらシャッターを押した。

かつて本誌の企画、東海道徒歩の旅でも立ち寄らせてもらい、相棒の編集部金子は涙を流して感激していた。僕も同じく、初めてここで見た時は震えたものだ。これはなんと、1967年の東京モーターショーに出展されたものである。ショー向けの特別なペイントで、ゴールドモデルは3台しか作られなかったそうだ。このモーターショーのために2台と、さらに2年後のモーターショーのために1台の計3台しかない。その内の貴重な1台である。それにしても、今でもまったく古さを感じないこのデザインは素晴らしい。しかもこの車両は年に1度は走らせている現役車なのである。さすがヤマハ発動機だけあって、エンジンをキチンと維持することは朝飯前(!?)なのだ。その勇姿とサウンドは痺れるもので、こうして展示されているのを眺めるのでも十分ありがたいが、走っている姿はもう涙がチョチョぎれる。

思い出すのは、初めて麦球を使って組み立てたプラモデルがこのトヨタ2000GTだったこと。光った時の感激ったら、初めてマブチモーターを積んだ時と同じくらい大きく、今もハッキリと覚えている。なんともシンプルなものに感激していたのだな、俺たちは。この車両を見る度にあの日の感激が蘇るのだから、安上がりな昭和40年男なのは、きっとみなさんも一緒ですな(笑)。

CIMG1692

『昭和40年男』定期購読のご案内

1件のコメント

  1. おぉっ!!これは前期型の面構え。
    前期か後期か忘れましたが、唐沢寿明さんがクーラー付きの2000GT持ってるんですよね。

    私はトミカ持ってます。w

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。