【タメ年たちの大活躍!】T-BOLANが単独ライブを開催!

写真・左から2番目がT-BOLANでボーカルを務める森友。T-BOLANは、1991年7月10日、シングル『悲しみが痛いよ』でデビューし、1stアルバム『T-BOLAN』をリリースした後、同年の12月にリリースした2ndシングル『離したくはない』が異例のロングヒットを記録。翌年には『Bye for Now』でミリオンヒットを飛ばした。
写真・左から2番目がT-BOLANでボーカルを務める森友。T-BOLANは、1991年7月10日、シングル『悲しみが痛いよ』でデビューし、1stアルバム『T-BOLAN』をリリースした後、同年の12月にリリースした2ndシングル『離したくはない』が異例のロングヒットを記録。翌年には『Bye for Now』でミリオンヒットを飛ばした。

昭和40年生まれのミュージシャン・森友嵐士が、再結成したロックバンド・T-BOLANが19年ぶりの単独ライブを開催する。

森友は1995年に心因性発生障害を患い、歌うことが困難になり、同年の全国ツアーを最後に、活動を休止。その後、T-BOLANは解散した。

解散後、森友はメンバーや音楽仲間などの支えを受けながらリハビリを重ね、2009年に一線の活動を再開し、ソロ活動を続けて来た。そして昨年開催された、FIELD OF VIEWやB.B.クイーンズ、DEENなど90年代を席巻した3組とともに全国をまわる『BEING LEGEND Tour 2012』への参加を機にT-BOLANは再結成をはたした。

そのT-BOLANが2014年3月8日に大阪・オリックス劇場で、3月21日に東京・渋谷公会堂で単独ライブを開催する。大阪のオリックス劇場は、T-BOLANが、1995年に活動休止前のラストライブを行なった場所で、東京の渋谷公会堂は彼らがバンド結成時に「いつかあのステージに立とう!」と最初に目指していた場所なのだそう。

森友は「置き去りにするしかなかったステージに4人でもう一度立とう。だからこそT-BOLANにとって意味のある場所でそのライブを共有したかった。始まりの場所と、あの日時を止めた2つの場所でT-BOLANとして今この2カ所にたどり着きます」と公式コメントを寄せている。そんな思い出のステージで、恐らく披露してくれるであろう『じれったい愛』や『離したくない』などをはじめとする彼らの代表曲の数々。これはファンなら見逃したくない、必見のライブとなることだろう。

またT-BOLANのドキュメンタリー映画の制作も決まっており、来年1~2月の公開を予定している。90年代のライブ映像を中心に、メンバーがインタビューで当時を振り返り、再結成後の映像を交えながら、その軌跡をたどるという内容になるようだ。こちらもファン必見の貴重映像となりそうだ。

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*