Web担当のゆく年くる年…。

おはこんばんちはです。
『昭和40年男』『昭和50年男』『昭和45年女・1970年女』…
「昭和トリオ」の “Web担当A” です。毎度お世話になっております。

いつもは「S40ニュース!」「S50ニュース!」などをお送りしているのですが、いよいよ今年 2021年も残りギリギリ… ということで。すでに弊社の社長で『昭和40年男』編集長の北村が、キレイに (?) シメた感じになってはいるのですが、恥ずかしながら自分も読者の皆様にご挨拶させていただかねばと思い、ちょろっと出て参りました。

Twitterの各誌アカウントの方は、少しずつではありますがフォロワーが増えていてありがたい限りなんですが、ずっと手探りっぱなしというか試行錯誤悪戦苦闘なこちらの「昭和トリオ」Web版本体は、どーも読者に支持されるような内容をお届けできていないようで恐縮です。

そんな至らない状態ではありますが、ご覧いただいた皆さま、ありがとうございました。
来年もまた引き続き、ジタバタ足掻いていくことになりそうですが、よろしければお付き合いいただけましたら幸いです。
 
 
 
実は大変な心残りがありまして。最後にそれだけ触れさせていただきます。
今年は昭和トリオ世代にも馴染み深い方々が、次々とお亡くなりになった感があります。

すぎやまこういち先生については、拙いながらも追悼の記事をこちらで出させてもらったのですが、どうも自分の言葉が上滑りしている気がして… 正直どうも得意でなく。いや、追悼記事が得意なんてのもどうか、そんな人もいないか、というところではありますが…。
 
自分が本誌編集部で記事制作していた頃に取材をさせていただいた方が今年2人も逝去され、何かしら追悼させていただきたいと思いつつも、お会いしてお話したがゆえに、なおさら何も書けない…ということになってしまったのですよね。
 
 
お一人は、みなもと太郎先生。
個人的にも「世界名作ギャグ」シリーズの『ハムレット』や『レ・ミゼラブル』の大ファンでありまして… 『昭和40年男』vol.47 の特集『俺たちの笑いのツボ。』にご登場願いました。
ご自宅の仕事場にお邪魔し、地下の書庫もご案内いただいたのですが、さすがマンガ研究家としても名高いみなもと先生。ギッシリの貴重資料は圧巻でした。この頃進められていた新書の『マンガの歴史』は続刊ならずだったようで、とても残念です。

もうお一方は「Mr.ドットマン」こと小野 宏さん。
vol.54 の特集『俺たちを震撼させた デジタル大革命』にご登場いただきました。
この記事では大作同人誌でその足跡を追っていたぜくう氏にライティングを担当してもらい、彼の案内で夜のファミレスに集合しお話をお聞きしました。’80年代の黄金期ナムコファンとしては、お持ちいただいたドット絵ポートフォリオにとにかく大興奮してしまいましたね…。
 
取材させていただいたのがついこの前のことのようにも思え、お二方とももうこの世にいないなんて、未だに信じられないような気持ちでいます。
 
結局、それらしいことは全然書けないままでお恥ずかしい限りですけども…
ただただ、ご冥福をお祈りいたします。 

本誌時代に比べるとWebでは現状、直接取材の機会も多くはないのですが、常に “一期一会” なんだよなぁ… ということを肝に銘じておかねば、という次第です。

新年早々こちらのエントリーを目にされた方には、いきなりしんみりとさせてしまって申し訳ありません。そんな不肖・筆者ではありますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

お正月のニュース更新はお休みをいただきますが、Twitterの方はちょこちょこRTで各誌読者向けのネタはピックアップするかも…? というところでチェックいただければ幸いです。

(「昭和トリオ」 “Web担当A” )
   


 
■「昭和トリオ」SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko
 
『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna

 
 
※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*