『Born in the U.S.A.』のライブDVD。

つい先日のこと、10日発売の vol.69 (すごいよーっ) の締め切りを無事終えて、今宵の焼酎はブルース・スプリングスティーンを肴に楽しもうかと、CDラックの “B” コーナーを物色した。定番の『明日なき暴走 (Born to Run)』はグッと我慢して、2014年リリースの『High Hopes』を選んだ。というのも、ライブラリーにありながら聴いた覚えがない。中高生の頃なら考えられないことだが、一枚のアルバムを購入するハードルが低い分楽しみ方も軽くなっていたりするのだ。いかんいかん。

 

で、これも記憶になかったのだが、初回生産限定盤には『Born in the U.S.A.』の全曲再現ライブDVDが付いている。うーむ、これも観た覚えがない。不意に宝物を見つけた気分でプッシュプレイだ。2013年のロンドンでのライブだとクレジットされていて、野外スタジアムの開放感の中で「ワン、ツー、スリー、フォー」で始まるタイトルチューンは実に久しぶりに聴いた。一瞬にしてあの頃にタイムスリップだ。

 

1949年生まれの彼だから、64歳の頃ということになる。だがそのど迫力の声に年齢が信じがたく、ルックスも『Born to Run』の頃のような精悍さはないものの、やはり64歳にはぜーんぜーん見えないほど若々しく、衰えをまるで感じさせない。盟友のサックスプレーヤー、クレランス・クレモンズの姿がないのがさみしいが、ジェイク・クレモンズと紹介されてビックリだ。息子さんかなと調べてみると甥っ子とのことだ。彼を含むEストリート・バンドの演奏も強力で気持ちよかった。

 

彼との出会いは『ダイヤトーン・ポップス・ベストテン』にランキングされた『The River』からのシングル「ハングリー・ハート」だった。中3の頃だからだいぶ洋楽のことを学んでいて、ものすげーロッカーという知識とはかけ離れたポップチューンに感じてしまい好きなミュージシャンリストに入らなかった。が、後追いになる。1975年発表の『Born to Run』に出会って虜になり、あらためて『The River』を手に入れ、さらに古いアルバムを掘っていった。前述した高熱にうなされて、僕は高校時代に相棒をストラトキャスターからテレキャスターに変えた。ローリング・ストーンズのキース・リチャーズの影響と半々ミックスであり、そのとおりにブラウンとナチュラルの2本を所有している。

 

だがアルバム『Born in the U.S.A.』によって、僕のブルース・スプリングスティーン熱は40度を超える重症から、38度4分ぐらいに下がった。なぜ当事これほどまでに熱を下げられたのかを、ライブを聴いてあらためて鮮明に思い起こされた。キレイになっちゃったのが僕のブルースから外れたのだ。タイトルチューンや「ダンシング・イン・ザ・ダーク」に当時は強くそう感じさせられたが、あらためて触れてみればバカバカしい若気の至りでしかなく、アルバムへの嫌なイメージは氷解した。って、7年前に感じろよっ!!
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*