編集長のつぶやき

昭和56年、15歳の昭和40年男。

35年前の今日、僕はコイツをブイブイ言わせて初ライブを行なった。東京が誇る楽器街の御茶の水にある楽器屋の、小さな小さなホールだった。右も左もわからないような状態で誰の教えも請わず、今考えればよくぞやったものだ。そしてこの

編集長のつぶやき

インベーダーの表紙で堂々完成!!

恐縮ながら、今日は姉妹紙のPRをさせていただく。ウチの会社が去年より取り組んでいる『20世紀』の3発目が明日発売となるのだ。表紙は見てのとおりインベーダーでガツンと作り込んだ。これは『昭和40年男』読者のみなさんの、決し

編集長のつぶやき

アナログ盤の楽しみ方。

先日このブログに、アナログ盤の外袋を購入したと書いた。ソイツが届いて化粧直しをしているのだが、これが実に楽しい。ただ袋に詰めちまえば僕の貧乏コレクションごときあっという間に終るはずだが、すぐさま詰め替えてしまえるジャケッ

編集長のつぶやき

祭りの後の静けさに浸る昭和40年男。

金曜日から3日間のバイクイベント、『東京モーターサイクルショー』を無事に乗り切り、祭りの後の静けさを味わっている今日だ。いろんな仕掛けや努力をつぎ込んで得た成果があれば、反省もたくさんある。とくに年に1度のイベントだと、

編集長のつぶやき

アニメVSバイク。

日曜の朝だってのに満員になったゆりかもめ線が国際展示場正門駅に着くと、ほぼ一斉に客が降りた。人波が向かったのはビックサイトで、途中で二手に分かれる。僕の向かった方がやや劣勢だった(悲)。本日のお仕事は『東京モーターサイク

編集長のつぶやき

花見にまつわる憂い。

ちょいと寒い日が続いてこの週末の花見はつらいだろう。東京は開花宣言が出たものの花びらはギュッと閉じてしまった感じだ。もうちょっとですな。 我が家からほど近い場所に桜の名所がある。土日となれば人でごった返すわけだが、ここ近

編集長のつぶやき

ジェフ・ポーカロは永遠だ。

 久しぶりにこのCDを引っ張り出した。トトのドラマーであり、多くのミュージシャンの演奏にも参加したジェフ・ポーカロの仕事集である。こんな企画ものが成立するのだから、いかに偉大だったかは洋楽に明るくない諸氏にもご理解いただ

編集長のつぶやき

そば湯が出てくるそば屋さん!?

そんなのあたり前だろとお思いのあなた。まあまあ、少々お付き合いください。 もりそばをすすった後に、そば湯をいただくのは至福ですな。が、この恩恵にあずかるのは冷たいつけそばだ。くれと頼めば普通のそば屋ならそばちょこと一緒に