【昭和50年男】ファミコン時代も人気! 多種多様、ワイワイ楽しい「ボードゲームの世界」 …vol.008 “宝物(ホビー)” 特集からちょい見せ!


p.008~011
総力特集/オレたちの宝物 (ホビー) <CHAPTER 1 ボードゲーム>

家族や友達とわいわい遊ぶ
ボードゲームの世界

“昭和50年男にとって、現代のテレビゲームやソーシャルゲームに匹敵するホビーといえば、間違いなくボードゲームだ。圧倒的なまでの量とバリエーションの豊かさを誇ったボードゲームの魅力を思い起こしてみよう。”


 
このCHAPTERは、16ページをまるまる使ってボードゲーム、アナログゲームを大紹介!
 
上の画像の、ド定番な「人生ゲーム」や「モノポリー」「野球盤」などを取り上げた「王道・ロングセラー」に始まり、「テレビ番組発」「アニメ・マンガ発」「変わりダネ」「シリーズ物」「ウォーゲーム・SLG系」「映画発」「スポーツ・格闘技と、見開きごとに様々なジャンルをフィーチャーしております。

実は…というか、ご覧いただいた方ならお分かりのとおり、アレコレ “わんさかごちゃまん” な今回の特集の中でも一番、密度ギッシリなのがこのボードゲーム編なんですね~。
 
昭和50年男はまごうことなきファミコン世代で、テレビゲームブームの洗礼を受けて育ってきたワケですが、そんな時代にあってもアナログなゲームはこれだけ多種多様に出回っていたのだなぁ…と再認識させられるのではないかと思います。
 


ボードゲームの世界/アニメ・マンガ発

『キン肉マン』『北斗の拳』『シティーハンター』『Dr.スランプ』『ハイスクール! 奇面組』『うる星やつら』『プロゴルファー猿』…と昭和50年男世代に人気の有名アニメは軒並みボードゲーム化! ビデオゲーム、デジタルゲームの申し子『ゲームセンターあらし』だってしっかりボードゲームになっていた! この当時は、ある意味キャラクターアイテムとしてのボードゲームはお約束だったんですよねぇ。
 

ここでは、いわゆるボードゲームの枠をちょっとはみ出た? “変わりダネ” なアイテムを紹介。2本レバーでの操作と “しらけ鳥” など楽しいフィーチャーで人気を博したビデオゲーム『クレイジークライマー』をアナログ化した衝撃の垂直ボードゲームにはじまり、CMがやたらヘビロテされてた気がする自走目覚まし時計のガッタンゴットン系「チクタクバンバン」などが登場。ミリタリーテイストのリアルなプラモやデュアルモデルも大人気だった、タカラ製『太陽の牙ダグラム』のスコープ付きウォーシミュレーションにも注目!


社会人ゲームサークルB.A.G (Twitter @baggamehouse) さんが、スペシャルトーク動画を公開中のようです。そちらも本誌とあわせてご覧くださいませ~。
 
 

 


 
■SNSも展開中! フォローよろしくお願いします… シェアも大歓迎!
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*