尾崎 豊さんのデビュー 〜大編集後記。

昨日一昨日に続いて 、今日の “大編集後記” も連載特集の「夢、あふれていた俺たちの時代」からつぶやかせていただこう。今回取り上げた昭和58年は、今も多くの支持を集める孤高のシンガー、尾崎 豊さんのデビュー年だった。そしてご存知の方も多かろう、彼は昭和40年男だ。タメ年なのだ。もしも…と、どうしても考えてしまう。生きていれば「荒海に生きるタメ年男。」へのご登場を依頼していただろうし、特集の中に組み込んで取り上げることにもトライしていただろう。ずいぶん長い時を経たが残念でならない。それはもちろん、てめえの雑誌のためでなく偉大なシンガーとしてだ。

 

今回は「夢、あふれていた俺たちの時代」という連載特集の性格上、昭和58年のデビューにまつわる話に絞り込んだ。ご登場いただいたのは、現在も活躍するアートディレクターの田島照久さんだ。記事のタイトルバックとなったジャケットを手がけた方で、デビュー前の様子なども強く記憶していた。

 

このジャケットに込められた意味や、尾崎さんにまつわるエピソードを語ってくださったばかりでなく、採用された写真の前後連続写真を提供してくださった。そう、田島さんは写真家でもある。その連続写真で特集自体の扉ページを作っているから、尾崎ファンの方は我々世代でなくとも必見だ。

 

いやはや、凄いデビューアルバムだ。僕はリアルタイムでは彼の歌にはハマらなかった。バイト先の有線で流れている曲としてしか捉えておらず、タメ年ということすら知らなかった。今あらためて「15の夜」を聴くと、タメ年男の18歳当時の叫びと、15歳を綴った言葉に強く感情移入させられる。そして、こんな気持ちを僕も持っていたし、今も持ち続けているというシンパシーを感じる。だからやはり、生きていてほしかったと強く強く思わされた。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*