吉野家にて黒い牛丼!?

日曜の朝、東京のビジネス街に人はまばらで、走る車も極端に少ない。「ハードボイルドな俺に、日曜日なんてあんみつみて〜に甘い言葉はないぜ」と、肩で風切ってオフィスへと向かうカッチョいい男を演じていた。これから始まるハードワークに備えて、今日はうわさのカップヌードル、旨辛豚骨でも食おうかとまずはコンビニを目指していたが、その少し手前で足が止まった。黒くておしゃれになっちまって、もうハードボイルドな俺には似合わないぜと足が遠のいていた吉野家だ。

 

が、今朝は「もしや」と直感が動いた。いや、これはカンではない。長い長い吉野家愛が「もしや」と思わせたのだ。バシッとスイッチが入りインだ。「牛丼並ツユダクと卵ください」と告げて待つことしばし、運ばれてきた写真の牛丼を前に「もしや」は「やはり」に変わっていた。

 

ビジネス街のど真ん中で、日曜日は客が極端に少ない。するとどうしても長いこと温められているから、ご覧の通りツユが染み込んだ黒い牛丼になる。ツユにも肉のコクが滲み出ていて、コクのある濃い味になっている。それをツユダクにしてもらい極めて下品にいただくのは、これからのハードワークにはもってこいの朝飯だ。はやる気持ちを抑えて、血糖値対策に紅生姜だけをまずゆっくり噛んでいただく、ベジファーストならぬ紅ファーストは怠らない。そしてやがて、辛くない七味を毎度のようにたっぷりかけたらいただきますだ。黒い。濃い。そしてつゆだくによって下品の三拍子揃った1杯だ。うまい、安い、早いの三拍子にもう1つの三拍子が加わり、これは六拍子の並盛り丼なのだ。

 

今朝は向かいで見苦しいおやじが牛丼を頬張っていた。まさに中島みゆきさんの、吉野家を舞台に描かれた名曲「狼になりたい」のまんま、一人ぼっちで見苦しかった。顔にでかい絆創膏を貼っていて、髪の毛もぐちゃぐちゃでまさにみゆきさんワールドだ。ビールを呑んでいないのが残念だったが、食い終わって延々と楊枝でほじくっているのも、もう見苦しいを超えて愛らしかった。このエッセンスまで加わり、七拍子だぜと感謝しながら彼を残し、戦士はひと時の休息を終え吉野家を後にした。
「うまかったぜ、黒い牛丼」
トレードマークのオレンジから黒に外装を変えておしゃれになったはずだが、やはり吉野家は吉野家だと大満足だったのさ。「しかも牛丼も黒いぜ」とね。さっ、お仕事お仕事!!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*