東京タワーで勝負!!

奇数月の頭には必ずこんな会話とアクションが繰り返される。
「今回はいつ公開にしましょうか?」
すると僕は手帳を開き
「おっ、6日が大安だからコレで決まりさっ」と答える。
そう5月6日、ゴールデンウィークの最終日の今日(実は立夏で節句の昨日とすげー悩んだ)、こいつを公開させていただくぜ。ジャーン、最新号の表紙はこれじゃーっ。

 

 

この哀愁漂う写真は、編集部・松崎が探し出してくれた。昭和40年の1月9日に撮影されたとのことで、僕はまだお袋のお腹の中にいた。現在のカタチとなる以前の東京タワーがいいですなあ。東京人でなくても楽しめるように、編集部一同工夫を凝らし執念で組んだ特集だ。手前味噌ながら、すげーいい出来っす。これは買いっす。ちなみに、表紙には書かなかったけれど、永久保存版と呼べる構成っす。明日まで閉めるとしていた書店が開くかどうかはわからんが、どうか皆さんあの手この手で探していただきたい。

 

このご時世のおかげで、広告がきれいさっぱりなくなっちまった。ふん、そんなことにへこたれないさ。その分たくさん売ればいいのさとがんばった編集部だ。

 

週明けの月曜日から61回目の勝負が始まる。僕の編集長復帰丸2年企画は、生まれて育った愛する東京特集だ。愛しているものの、作っていてつくづく思った。僕はナウでヤングな東京ライフからものすごく遠かったのだ。だからね、ナウでヤングでなかった方々にも楽しめるように工夫したぞ。ぜひお付き合いいただきたい、意欲作の完成じゃーっ!!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*