キャンディーズのおもひで〜大編集後記。

 

雄しべと雌しべがまだよくわかっていないウブだった頃、それでも恋はするものなんだなと今さらながら不思議に思う。人間の本能がまだ目覚めていないくせに、その対象に心奪われるのは、よくよく考えると素敵な生き物だなあ。クラスの女の子に抱く恋心とは種類は少々異なるものの、ブラウン管の中の3人に僕は激しく恋をした。

 

いつも3人はめいっぱい躍動していた。『8時だョ! 全員集合』では、特に体操のコーナーが大好きで、最後に決めるポーズにキュンキュンしていたガキだ。『見ごろ! 食べごろ! 笑いごろ!!』の3人は大車輪の活躍で、あの大騒ぎでナンセンスな番組を盛り上げていた。オープニング曲を歌い、電線音頭を踊り、“ずんずんちゃーか”でもいつも元気だった。そんな明るい3人に、僕はめいっぱいの恋心をブラウン管に送り続けていた。先日つぶやいたとおり、お楽しみ会では女装して『年下の男の子』を披露するなど、僕の小学生時代にとってあまりにも大きな存在だ。

 

これまでなんどもラブコールを送ってきたランちゃんが、苦節10年半でついに登場となった。「ランちゃんのインタビューが決まりました」と聞いたときは瞬間的に「6ページで行こう!!」と返した僕だ。そして「何としてもキャンディーズの写真を多く使わせてもらうのじゃ」と告げたのだった。とにかく大興奮の僕だった。

 

どうしても外せない予定が入っていて、現場に行けなかったことは生涯後悔するかもしれない。だが、巻末ページを使って6ページをお送りできたのは、一生の思い出になるだろう。キャンディーズの写真もたくさん使えたし、インタビュー内容もバッチリだし。この6ページだけでも780円の価値があるってもんだぜ。ぜひっ!!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*