長野県民たちの浅草秘密基地!?

昨日の東京は大荒れの天気だった。夕方に雨はあがったが「さすがに今日(昨夜)の秘密基地は閑古鳥だろう」とマスターと話していたところ、ご覧のとおりの来場だった。昨日も初参加のカワイイ女子(2列目右から2人目)の宮本さんがいたし、『福岡博多秘密基地(絶賛参加受付中)』の幹事会メンバーの安東さん(最前列でなぜか左向き)通称アンちゃんも駆けつけてくれて、いやあドッカンドッカン笑った夜になった。

 

昨日の奇妙は、撮影者の僕を入れた12名のうち3名が同郷出身者であることだ。東京でやっているのだから東京ネイティブや神奈川、埼玉からの参加者は多い。だが、これ以外で1/4の勢力を誇る県が昨日はあり、初参加の女子、宮本さんもその勢力に加担した1人である。って、写真でどこの県かわかればたいしたものだが、わかんねえだろうなー、いえーっ。

 

答えは〜、ジャン。長野県だ。宮本さんの実家は靴屋さんで、その右にいる小倉さんは同郷どころかその靴屋さんに通っていたという。宮本さん宅は火事に見舞われたことがあり、お父さんと一緒に野次馬になったなんて想い出話まで飛び出した。うーむ、秘密基地が呼び込んだ縁ですな。

 

そんなこって12月に突入した1発目で、昨日ここでつぶやいたジョンの命日を振り返ることにした。8日を過ぎてしまう来週よりもいいだろうと『イマジン』を歌わせてもらったジャイアンだ。平和への願いを込めて一生懸命歌ったつもりだが、届いただろうか。そして、来週よりはクリスマスソングを絡ませていこうと企んでいる。

 

そしてご案内だ。今年の秘密基地千秋楽となる23日の空きが、いよいよ残り少なくなってきた。迷っている貴方は、ぜひお早めにご予約ください。おそらく今日のつぶやきで受付終了となるだろうから、迷っているなら今だ。今すぐに下記より申し込んでくれっ。今年を締めくくるガハハで過ごそう!!

 

浅草秘密基地千秋楽
2019年12月23日(月) 19時〜
場所/ショットバーフィガロ 東京都台東区雷門1-14-7-1F 03-3843-5970
会費3,000円(飲み放題)
※今回に限り予約制とします。500円→変更して1,000円未満のモノ、もしくは自慢の懐かしコレクションや使わない高級品などなど、プレゼントを1つ持参してください。

 

秘密基地参加申し込みフォーム

お問い合わせはこちらから

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*