あるべきところにある幸せ!!

平成31年、令和元年もいよいよあと1ヶ月を残すのみとなった。今年の、いや例年このつぶやきでは月が変わるたびにふんどしを締めなおしている。まるで進歩のないバカモノ具合をさらしていることになるが、緩んでしまうのだからしょうがない。今日もガッチリ締めなおして締め切り作業に追われている。締めなおして締め切り? ちょっとだけおもしろい。

 

家から駅へ向かう途中にこの大いちょうがある。毎年色づくのが楽しみで、今年はやはり遅れているようだ。例年ちょうどお正月にほとんどの葉が落ちる律儀ないちょうなのだが、ご覧のとおりまだ青々としていて、今年はずれ込みそうだ。東京人にとっていちょうの見頃は晩秋だから、お正月は散っていて欲しい。あるべきところにあり、ないところにはないことに、おっさんはささやかな幸せを見つけるのさっ。

 

1年で一番幸せに浸る日、大晦日までもうあとわずかだ。そうそう、紅白の出場歌手が発表されているじゃないの。去年はサザンとユーミンのエンディングが楽し過ぎた。それ以外にも、椎名さんと宮本さんの共演だったり、久しぶりのサブちゃんだったりと見所満載だったから、超えるのはきっと難しいだろうけど頑張ってくださいNHKさん。で、ありゃりゃ、先日僕を泣かした高橋真梨子さんの名前がない。ダメじゃないですか、NHKさん。真梨子さんの歌は大晦日にあるべきなのに、こいつは一つ残念だ。でも、特別企画に竹内まりやさんの名前があるじゃないの。ここは『人生の扉』で泣かせてもらいたいところだ。それっきゃないですよ、NHKさん!!

 

先日美容師の方と話していて、彼も休みは31日から3日だけだそうで意気投合したのは、30日の仕事が終わったその瞬間が1年で最良だとのこと。あの開放感は1年頑張ったご褒美だもの。頑張れば頑張った分だけ、その喜びはでっかくなる。そう、あるべきところにはありなのだ。さあ、仕上げの1ヶ月を懸命に走りましょう。激しく動きましょう。あっ、明日は『浅草秘密基地』だから、激しく笑いましょう!!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*