あの「ロビンちゃん」が初出場! 昭和63年・第39回「NHK紅白歌合戦」と共に当時のヒット曲や世相を振り返る!

国民的歌番組、「NHK紅白歌合戦」(以下、紅白)は、今年令和元年の大晦日で70回目という節目を迎えます。近年ではかつてのような視聴率を獲得できず、人気が低迷していると言われていますが、昭和40年男世代の幼少期~青年期は、ほとんどの国民がテレビにくぎづけになったほど! そんな紅白の出場リストから、その年のヒット曲や話題の歌手などを振り返ってみましょう。最終回は、昭和最後の紅白となった、「昭和63年・第39回大会」です。

光GENJIが日本レコード大賞受賞&紅白初出場

前年デビューの光GENJIが快進撃を見せ、デビュー2年目での日本レコード大賞受賞という快挙を成し遂げました。紅白ではもちろんトップバッター! しかもこの当時はまだ珍しかったメドレーでの登場には、いきなりの大盛り上がりでした。この光GENJIを皮切りに、少年隊、こちらも初出場の男闘呼組、近藤真彦と、ジャニーズ4連続で白組が大攻勢を見せた前半、紅組は中山美穂、工藤静香らアイドル四天王の二人が登場、その前後に松田聖子と中森明菜、さらには小泉今日子をもってくるという、これまた超スタートダッシュで始まりました。

紅組演歌勢に新戦力!ロビンちゃんも!

紅白共に初出場6組とフレッシュな顔ぶれが多かったこの年ですが、紅組からもアイドルばかりではなく、坂本冬美、ケイ・ウンスクなどの演歌系に加え、なんと、あの「ロビンちゃん」こと島田歌穂が初出場!まだ20代半ばながら、当時すでにミュージカル女優として活躍、前年に日本初演、ミュージカル『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ役で注目を浴びての紅白初出場となりました。『がんばれ!!ロボコン』のロビンちゃんが、こんなに素敵な大人の歌手になっていたなんて!と、なんだかうれしくなったものです。2019年、デビュー45周年を迎えたロビンちゃんは、今も実力派として現役で活躍していますよ!

J-POPという言葉が生まれた昭和63年

新しいジャンルの音楽を引っさげて、フォークでもロックでもないグループやアーティストが続々とメジャーデビューし、「J-POP」という概念ができたのが、昭和最後の年となった1988年のこと。新興FM局、J-WAVEが名づけたこの呼称は、時代を超え定着したジャンルとなりました。歌謡曲という、それまで慣れ親しんできた曲より、ちょっとおしゃれなJ-POPの波はバブルの勢いと共に、来る新しい時代への高揚感を私たちに与えてくれました。すでにベテラン陣と言われるようになっていた、陽水、ユーミンなどがミリオンセラー多発時代の口火を切るメガヒットを連発!活動休止していたサザンが復活、和製R&B・久保田利伸がブレイクするなど、音楽業界はいまだかつてない活況を見せました。

まさにバブルの真っ只中で、東京ドーム、青函トンネル、瀬戸大橋といろんなものができました!全国の3,245市町村に一律1億円という巨額の地方交付税配分が決定し、その使い道に注目が集まった自治体も数多くありました。ソウルオリンピックでは、鈴木大地がバサロ泳法を武器に100m背泳ぎで日本男子競泳界に16年ぶりの金メダルをもたらした、あの感動も忘れられません。プロ野球史に残る伝説のダブルヘッダー「10.19」の近鉄の悲劇や大相撲・千代の富士53連勝など、今も記憶に残るスポーツシーンがいくつもありましたね。そして、大人気のトレンディドラマに影響を受け、彼女におしゃれなデートをせがまれたという昭和40年男世代もたくさんいたでしょう!とにかく華やかで、高級志向が高まりを見せた1988年、翌年には平成元年を迎えることとなるのでした。

※当時のレコードジャケットなどは、「昭和40年男」6月号増刊「俺たちの胸に刺さった昭和ソング」P40~41に掲載されていますので、あわせてご覧下さい。(「昭和40年男」編集部・まつざき)

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

1件のコメント

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*