甲斐バンドのおもひで。

このサイトの『S40ニュース!』で知った、甲斐バンド45周年におとなしくしていられる僕じゃない。甲斐バンドは皆さん同様、僕も夢中になった。きっかけはなんといっても『HERO~ヒーローになる時、それは今』だ。中1の年越しのこと、当時は民放で共通の『ゆく年くる年』が名物で、チャンネルを回して「全部一緒だ〜」なんてやった記憶があるのではなかろうか。居間にテレビが2台あった我が家(電気屋ですから)は、毎年NHKと両方を見ていた。そしてびっくりしたのが、年越しの瞬間に流れたセイコーのCMで、そのかっこよさは度肝を抜かれた。今あらためて考えると、すげー仕事だなと感心させられる。

 

甲斐バンドのかっこよさに、さらに痺れたのは『ザ・ベストテン』に中継で登場した時だった。アウトローな感じがたまらなかった。当時はテレビに出ないミュージシャンに強く憧れたもので、それをなんとかしてくれる番組が『ザ・ベストテン』だった。甲斐バンドが出た少し前に、松山千春さんの『季節の中で』で登場した時もものすごく震えた。

 

と、そんなふうに出会った甲斐バンドの音を手に入れたのは、2枚組のライブ盤『100万$ナイト』だった。『HERO~ヒーローになる時、それは今』はもちろん、後にヒットした『安奈』も入っていてお得だと、人生初の邦楽アルバムの入手となった。当時は洋楽に狂っていたから、邦楽で、しかも2枚組に手を出したのは相当入れ込んだということだろう。

 

このアルバムは聴きまくった。名曲ぞろいで特にC・D面はサイコーだ。タイトルチューンの『100万$ナイト』をバンドでカバーしようとなんども嘆願したが、これはいつも却下された。それほどに惚れ込んだのに、やがて全く聴かなくなってしまった。これは甲斐バンドだけでなく、当時の僕はそれまで知らなかったジャンルや強烈なミュージシャンに出会うと、以前好んでいた音楽を否定するような感覚を持っていた。クイーン、チープ・トリック、ジャーニー、スティックス、ハウンド・ドッグ、ハードロック全般などなど、今考えるとなんと愚かなガキだったのだろうと言えるが、当時は大真面目でそんなバカだった。この感覚は大人になってからやっと、バカだなと言えるようになったのさ。

 

『100万$ナイト』を久しぶりにターンテーブルに載せようと思う。どうせならぶっ通しで聴きたいからまとまった時間が必要だ。うーむ、当分先になるな。その理由は、きっと最新号で知ることになるだろう、フッフッフ!!

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

6件のコメント

  1. 甲斐バンドは、SEIKOクオーツのコマソンでヒーローを聴いて初めて知りましたが、今となっては、安奈 も きんぽうげ も 裏切りの街角 も…結局はメジャーな唄ばかりだけど歌詞を見ずに唄えるようになりました(^^)。

    • カラオケで歌うのは、観覧車、翼あるものが多いです。裏切りの街角は僕も歌いますね。

  2. 私も人生初のアルバム購入は100万$ナイトでした❗️衝撃的にかっこよすぎて、私もそれこそレコード擦りきれるくらい聴き込みましたね。実は今でもよく聴きますよ。CDで買い直して車のHDDに取り込み、通勤時によく聴きます。直近で発売されてるサーカス&サーカス2019と交互に聴いてるけど、きんぽうけはどっちも同じ音源なんですけどねw
    でも何度聴いてもカッコいいです。
    10月からのホールツアーは初日とファイナルへ行く予定です。

    • ヒムテルさん、メッセージありがとうございます。
      同じく擦り切れました。ツアーが楽しみですね。

  3. このブログでは、
    このアルバムはよく話題に挙がりますね
    僕は「土曜ナナハン学園危機一髪」の
    「漂流者アウトロー」が思い出の曲です。
    この曲も捜しまくった1曲です。

    • DJ ogiさん、ご無沙汰してます。
      土曜ナナハン学園危機一髪? 調べてみてびっくり、全く知りません。アウトローも久しぶりに聴きました。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*