ハイレベルな苦情対応!!

先日、カバンを新調した。腰痛に苦しむおっさんゆえ、かっこ悪いけど3ウェイバックを使っていて、すでに4代目となったとここにも書いた。ちなみに持つ、肩にかける、背負うで3ウエイとのことで、ヘビーに使うビジネスバックをリュックのように背負える。これがなんといきなりの故障だ。

 

気休めでしかない程度なのだが、カバンのチャックを3桁の暗証番号でロックできる。出張の多い僕は、ホテルに荷物を置いたまま出かけるときに、このカバンにPCを入れてロックするのだ。もしも泥棒が入ったとして、PCがそのまま置いてあるのとカバンに入っているのとでは、犯罪率に少なからず影響があるのではないかという考えからだ。カバンは大きく2つのスペースになっていて、その片方だけだがチャックをロックできる。泥棒くんはまずロックされていない方を開けるだろう。すると、きったねえパンツや靴下が出てきてうんざりする。そして、こんなん持ち帰ってもなんの足しにもならねえぜと次のターゲットへと急ぐのだ。だが、PCをここに入れずに机の上に置いてあったら、とりあえずコイツだけはいただいておこうとなる。ねっ、少しは説得力あるでしょ(笑)。

 

てな訳で、先日の出張でも仕事を終えてPCを詰めて出かけた。が、なぜかこのロックが開かなくなってしまったのだ。何度やっても、ダイヤルを逆から回したりしても開かない。今の僕からPCをとったら何もできない赤子のようなものだ。パニックな頭でしばし考えた。「そうだっ、カバンのメーカーのサイトからお客様相談室を探そう」に至った。スマホでカンタンに見つかったが、受付は9時からとのことで無駄な時間を待った末ダイヤルした。

 

この時点ではやれやれな気分でお姉さんと状況を話し合った。結論は、おそらくこのロック機能部分の故障だということになった。「今日のところは壊してPCを救出してください、明日には新しいのを届けます。運転手から受け取ったら交換してください」となった。ここに至るまでに彼女は何度「申し訳ない」と言っただろう。だんだんこっちが申し訳ない気持ちになってくるからあら不思議。電話を切るときには「丁寧なご対応、ありがとうございました」と礼を言うまでになっていて、むしろ気分良くぶっ壊せた(笑)。

 

てな訳で、届いた5代目となる3ウェイバックをデビューさせるのはまた大安の明日を選び、今日はわさわざ3代目を使っている律儀な僕だ。短い付き合いになった4代目に変わって、よろしく頼むぜと明日は5代目のデビューだ。それにしても、些細なことながらバカ騒ぎするバカなおっさんですな。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*