蒲田はおっさんパラダイス!!

9連休とやらに背を向けて、仕事に爆走中だ。とはいえ、少しは夏らしいことをしたいとお袋のところに出かけて一杯やったり、昨日は弟と少々早めに待ち合わせてガハハと呑みまくった。舞台は蒲田なんで、今宵出かけるならご参考に。おっさんパラダイスですぞ。

 

まずはもつ焼きの『でん』へ。京浜東北線の車内モニターで流している繁盛店の逸品で見かけた店だ。蒲田には『いとや』という名店もあって、昨日行った感想としては甲乙つけがたし。ただ、『いとや』の方が店員さんが若い。女の子もカワイイ子が多く、一方『でん』は渋い男性が寡黙に焼いている感じで落ち着いて呑めた。メニューはそっくりの構成で、刺身類は双方とも最高にうまい。繁盛店の逸品でオススメしていたはらみ刺しは残念ながら品切れだったが、ご覧の牛のレバ刺しは絶品だった。煮込みの卵150円とトーフ100円もおっさんにはごちそうだ。

 

満足の腹一杯で向かったのは、都内ではほとんど見かけなくなったデパートの屋上遊園地の『かまたえん』だ。去年までは飲み放題食べ放題のビアガーデンだったのが、今年はショットになった。これがいい。昨日のような使い方ができるのだ。次の店へと向かうインターバルに、屋上で夜景を楽しみながらチビリチビリと呑るのは至福だ。つい先日行った時は音楽ライブありに誘われて、やはり居酒屋の後に行ったのだが、IDOLATERなる最近トレンド(!?)の一山いくら系の団体さんアイドルで、前列にいらっしゃる方々が揃って踊っていた。これは場違いだとそそくさと退出したが、昨日は盆踊りが開催されていた。

 

2回プログラムされていて、1回目は冷静に見送った2人だが、2回目は弟から「行くか?」と促された。いやっ、これはヤツが数秒遅かったら僕が同じことを投げかけただろう。おそらく、小学生以来となる盆踊りの輪に北村ブラザースは加わったのだ。これが難しかった。酔っているせいもあるだろうが、単純な繰り返しの踊りが飲み込めないままに曲が終わってしまう。昔は曲が終了する前にほぼ覚えられた気がする。そして、同じ曲がかかればもうお手本のダンサーを見ずにフィーバーしていたはずだ。うーむ、確実におっさん化しているのが情けなく、これは弟も同じ感想だった。だが、スッゲー楽しかった。昨日僕は誓った。今後、盆踊りを見かけたら必ず輪に入ろうと。今思い出しても、その楽しさに笑みが浮かぶほどだ。

 

この後は、ちょっとだけ米を食おうとチェーン寿司店の日本海へ行って、細巻きを3本で焼酎を呑んだ。これも僕にとっては蒲田エンジョイの定番で、巻物だけで会計するという贅沢を楽しめるのである。大箱のチェーン店ならではの贅沢だと僕は位置付けていて、蒲田に人を案内すると3軒目あたりにほぼ必ず使わせてもらっている。そして最後は、蒲田名物の『つけ麺大王』で締める。これでいいのだ。

 

9連休を楽しんだ方、そうでない方々も今宵は蒲田に出かけてみてはいかがだろう。ぬぁんと、今夜も『かまたえん』では盆踊りがある。絶滅危惧種の屋上遊園地で踊るのは、夏の思い出にきっと大きくランクインするはずだ。もつ焼きはオススメの両店とも明るいうちから開いてるから、今すぐ出かけてもOK。おっさんの夏を満喫してみてくれっ!!

『昭和40年男』定期購読のご案内
『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。