おねしょドリームカムズトゥルー!

【「昭和40年男」vol.55(2019年6月号)掲載】

昭和40年男の悲惨な戦い

昭和40年男の少年時代は、決して楽しいことばかりじゃなかった。今思えば笑っちゃうようなことでも、俺たちは真剣に悩み、戦っていた! ここではホロリと苦い“悲惨な戦いの記憶”を通じて、昭和40&50年代という時代を振り返ってみたい。

夢の中の快感は目覚めとともに地獄の現実と化した!

トイレに行きたい! 7歳の俺は尿意をもよおし、トイレを探した。そもそもここはどこ? 古いアパートのような建物。とにかくトイレはどこだ?
あった! 「トイレ」とカタカナで書かれたドアを見つけ、俺はバーンと勢いよく開けた!
……え? ドアを開けると、草原? なぜか同心円の的が空中に浮かび「中心に当てて下さい」と書いてある。変だと思ったが、これはトイレなのだ。俺は尿意に勝てず的めがけ用を足した。ジョーッ。
――何かが変だ。下っ腹がくすぐったい違和感。そして下半身が徐々に、温かくなる――。
パチッ。
俺は――寝ている? 草原のトイレにいたはずが俺は今、布団の中にいる。おそるおそる、下半身に手を伸ばす――。
びしょっ。濡れている! 布団をバーンと蹴ってはぎ取ると……どっひゃーん! パジャマのズボンがビショ濡れ、敷き布団に染み! 俺はオネショをしてしまったのだ!

「またやったの?」「またか?」

夜中に起こされ両親激怒。俺は親に怒られない子だったが、この時ばかりは怒られた。
昭和40年代、オネショは恥でしかなかった。当時まだ「夜尿症」というワードは浸透していなくて、俺はただただ「尻クセの悪い子」として怒られた。

これは自分の責任なのか。だが前夜の晩飯で茶を飲まないなど気を遣っても、俺は定期的にオネショをやらかした。

オネショは女子より男子に多かった。そしてオネショをする時は必ずアバンギャルドな夢を見て、変だなと思いつつ用を足してしまい、それは目覚めと共に現実のものになった。
今度はそんな夢を見ても、絶対夢の中で用は足さないぞと、7歳の俺は誓った。だが忘れた頃に、アバンギャルドな場面は俺の夢に現れた!
トイレに行きたい。古いアパートのような建物の中で(いつもコレ)俺は「トイレ」と書かれたドアを開けた!
……え、これ? 木の床に直径3cmほどの丸い穴が、ただ開いている。これまた妙なトイレだなと思いながら「うまく穴の中にできるかな」と、俺は穴めがけて用を足し――。

あひゃーっ! 再び悪夢の目覚め、ビショ濡れのパジャマ、布団の染み。ちなみにマンガでよく見た「布団一面に描かれた日本地図」アレは嘘だ。実際は途中のパンツとパジャマでかなりせき止められるので、あそこまで布団にダイレクトに用は足さない。ってかどんなに「夢の中の変なトイレで用は足さないぞ」と誓っても、俺は断続的にオネショをしてしまった。

だが小学3年のある晩。やはり変な夢を見て用を足し、ガバッと飛び起きると――パジャマが濡れていない?
なぜだか知らないが、その頃を境にオネショ夢を見て用を足しても、それは現実のオネショにはならなくなった。夢ってつくづく不思議だね。「赤ちゃんも、夢を見るのかしら?」っていうCMもあったけど、それも含めて解明されていない謎が、今も多いんだって。

とにかく最近は「夜尿症」というワードが浸透したから、オネショをむやみに恥だ罪悪だと糾弾する状況は、改善されたはずだと思いたい。もし近親で「尻クセの悪い子」がいたら、それはくれぐれも本人の責任じゃないので、寛容に接してあげてほしいね。

ってかすっかりオヤジになった今でも、飲みすぎた日の夜とかたまに見るんだよね「あわやオネショ夢」。この前も「三原山の火口のフチに立って、用を足す」夢を見ちゃって。目が覚めたらセーフでホッ、みたいな。そろそろ「初老」が近づいてきた昭和40年男のみんな、まずは飲みすぎに気をつけよー(オチはそこか?)。

文:カベルナリア吉田

昭和40年生まれの紀行ライター。普段は全国を旅して紀行文を書いている。新刊『ビジホの朝メシを語れるほど食べてみた』(ユサブル)絶賛発売中! よみうりカルチャー荻窪主催の都内散歩講座とオキナワ講座も開講中! 趣味はバイオリンとレスリング、料理も少々。175CM×83kg(少し戻った)、乙女座O型

【「昭和40年男」vol.55(2019年6月号)掲載】

『昭和40年男』定期購読のご案内
『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。